あらためてボルダリング

9月に入りました。

子供たちも今週から学校が始まります。

うちの中が静かになりますね。

☆ミ
☆彡
☆ミ

現在クライミング教室に通っているのですが、

2週に1度のため、禁断症状に襲われて、
近く(といっても川口ですが)にある、クライミングジムに行ってしまいました。

ちょうど子供たちが出かける日だったので、カミサンと一緒にクライミングデートです。

行ってみて、ようやく理解したわけですが、

今自分がクライミング教室で習っているのが、「ロープクライミング」といわれるもので、

高いところまで登るために、ロープを必要とするものでした。

このジムでもその施設(高い壁)はあるのですが、やはり講習を受けなければならないため、

3メートル前後の壁を登る「ボルダリング」をやることになりました。

「ボルダリング」は本来大きな岩(ボルダー)を登るということで、下にマットが敷いてあり、ロープなどの安全を確保するための道具を使いません。

クライミングシューズとチョーク(野球でピッチャーが使うすべり止め)のみなので、かなりラフです。

安全のためのビデオを見て、インストラクションを受けながら3回くらい登っただけで、もう腕に疲れがたまってきます。

その後自分たちで、壁を登りました。

結局、自分がやりたかったのはこれなのです。

ただただ、登りたかったんです。

もちろん、危険を伴うので、ロープの知識なども必要ですから、それはそれで楽しみなのですが、

猿のように登りたかっただけなのでした。

壁にはそれぞれ課題があり、スタートから掴んでいいホールドによるルートがあり、だいたい7手くらいのところにゴールがあります。

下から見ると簡単そうなのですが、

簡単なのは一番初めの課題(10級とありました)のみで、そこからは疲れとともにきつい課題となりました。

また、壁も90度以下のものから、100度110度120度とあるので、これまたきつくなっていきます。

結局100度の壁で、8級まで行けたり行けなかったりで、7級には歯が立ちませんでした。

こうなると、壁を前にしてああしてこうしてと、かなりゲームの要素が多くなってきます。

それがまたボルダリングの魅力なんだと思います。

約1時間くらいでしょうか、腕がパンパンになり、帰ることにしました。

これはハマりますね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

結構楽しそうですね。

No title

suwaktiさん、
何より手軽なので、ぜひご家族で挑戦してみてください!
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア