サービスについて

テニス。
スイスバーゼル大会。
錦織2回戦をストレートで勝利!
ベスト8に進出しました。

1回戦の試合を少し見れたのですが、
サーブの強い相手に対して、
相手のサーブの確率が低いこともありましたが、
ネットに出たり、リズムを変えたり、
想像力豊かな攻撃を仕掛けて、
相手を調子に乗せずに、
試合巧者振りを見せて勝つ姿を見て、
更なる活躍の予感をしました!

次はジョコビッチ戦でしょうか?
頑張ってくれー!





「サービス」ということに思いをめぐらせています。

きっかけはユニクロのニューヨーク店のオープンのニュースだったのですが、

それに伴って、自分がアメリカに旅行したときに、
トイレで手を洗うとちり紙を取ってくれるおじさんがいるのを見たことを、
ふっと思い出してからです。

あれは「サービス」だったんだよな。
多分、ちり紙をもらったらチップをあげなければならないのでしょう。

それからマクドナルドのスマイル0円です。
接客のなかに本来は笑顔は含まれていなくて、
お客に笑いかけるというのは、
「サービス」になってしまう。
すなわち、お金をもらわなければならなくなってしまうのではないでしょうか。
しかしマクドナルドは太っ腹だから、ただで、スマイルをくれているわけです。

本来はチップなのです。

ところが、
日本ではチップの概念がありません。

そこで、私はユニクロの世界進出がきになるのです。

ニューヨーク店がオープンするのに、
まるで日本でのお店のように、
外人スタッフが振舞って研修していました。

街頭でティッシュ配りもしていました。
(日本の妙技「のだめ」でも見たのか!と驚きましたが)

サービスにお金が発生するような国で、
チップをもらえずにサービスしまくることに、スタッフである彼らは付いていけるのでしょうか?

アイデンティティーは崩壊しないのでしょうか?
凄く気になります。

ただ、そのような下手に出ている様子を見ていると、
外人に対する、
ちょっと怖いイメージが薄れてくるのも事実です。

個人的には、ユニクロの柳井会長(?)が労働組合とかにつるし上げられるところを、想像してしまうのですが。。。

ユニクロの今後を見守って行きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

女子テニスランキング1位のウォズニアッキが、シャラポアなどに対して、抗議を行ったとか。打つときの声が大きくて、玉感がずれるらしい。
シャラポアの声は今に始まったことではないし、ランキング1位が何を言っているって。


最近アメリカもチップという制度が少なくなってきたそうな。
アジアはほとんどない制度だしね。
レストランに行ってもサービス税が乗せられていたりするところが増えているし、ファーストフードは基本不必要だし。

サービス

いま大阪から東京に帰る新幹線の中だ。
営業をしていた時に各地を回ったが、地域ごとにサービスの考え方が違うのに驚いたな。商品開発にも参考になる。
さて週明けからも学生が実習に来るので、研究室はまた賑わうぞ!

No title

錦織、大金星だね。

水平マーカーは、分厚すぎてじゃまなのと、へこみや砂利でも向きが変わるので使い勝手が難しい。
使い方が慣れていないせいもあるとは思うけれど、目ではスライスなのに、水平ではフック。キャディさんに聞いてスライスと言うこともありました。。

No title

でさん、
声についてはしょうがないと思っています。
はじめはひどいなと思っても慣れてくるから、不思議です。

サービスのあり方も徐々に変わっていくものなのでしょうね。

水平マーカーは微妙だったのですね。
なるほど参考になりました。

木刀さん、
サービスが地域ごとに違うのを把握するのが大変ですね。

プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア