国家ビジョン

イタリアで原発の是非を問う国民投票が行われて、
9割以上の反対票が集まったそうですね。

まずは、やはりこういう機会を持って国政の舵取りをしていくのはなかなかいいことだなと思いました。

でもちょっとしてから、9割以上の反対になるようなことをわざわざ投票で決める必要なんてないのではないのかと思うようになりました。

この投票だって多額の費用を使うんでしょうから、

ようは皆がいやだといっていることにあえて投票をやる意義があるのかな?
それすら見極められない政権なのかと思うとよその国もたいしたことないのかもしれません。

ただ、こういう択一の形式にまで国政を持っていけるというのはなかなかよいことだと思います。

日本では二大政党制とか色々言われてきましたが、
結局択一にならないもんな。

結果的に前を向いていない、吊るし上げられる人を決めてるだけの国政や選挙が横行しすぎです。





ということで、

もう政党に国家のビジョンを任すのではなく、
NGOとかNPOとか大学とか、もちろん政党も含めて広く一般的に国家のビジョンを公募して、

その中から国民投票でビジョンを決めて、

それにそった政策を各政党に考えさせて、
国政を担っていくような大きな流れに変えてしまったほうが良いのではないでしょうか?

政党を過大評価せずに国民の下請けにするわけです。

当然といえば当然かもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おもしろいですね

現状でも、アメリカや利権団体の意向で政策が決められているので、国民からの政策をぶつけられても政治側からすれば今まで通りかもしれませんね。
ただ、普通の国民からの政策受け入れには、政治側の利得がないのでダメでしょう(笑)

No title

そうなんですよね。
まずアメリカとかの利益があって、
(たとえば郵政事業への参入自由化)
もっともらしい言い訳がついて、
(郵貯のお金の使いみちがおかしい?)
日本の政策に反映される。
(郵政民営化)
という3段論法。
どうしたいから郵政を民営化するのか?
悪をくじく以外に論じられることってあまりなかった気がする。

細かい視点はいいから、
もっと大きな視点でビジョンを語るテレビ番組とか作ればいいのに。

No title

どうしたの?
いつもと違うキャラになっていてビックリ!

でも最近世間が思っていることと、永田町・霞ヶ関とが、なぜこんなに乖離してしまったんだろう。

No title

http://seiji.yahoo.co.jp/guide/position/
自分の政治に関するタイプがわかり、どの政治家タイプかも出ました。
自分は、保守小さな政府で、以前行った時は革新小さな政府だったので、考え方が変わったのか、設問の違いなのか。

No title

でさん、
まあ、たまには思うところもあるのです。

それにしても最近は本を読まなくなりました。

プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア