手が痛いのはなぜ?

先日の楽天ジャパンオープンではダブルスで日本人ペアの内山・マクラクラン勉が優勝を果たしました。

これは凄いニュースだぞ!と思いましたが、テレビではほぼ取り上げられてませんでしたね。

残念。

そんなことしてるともうテレビ見なくなっちゃうぞー!

錦織、杉田ときてダブルスで成長している選手が現れるってことは、デ杯の優勝も視野に入ってくるということなので、

来年が物凄く楽しみになってきました。

🍥

先日、クライミングとゴルフとは相性が悪いので手が痛くなる話をしましたが、

手を痛めないようにゴルフの練習をしてみました。

悲しいくらい距離が出なくなりますが、そこは切り捨てます。

そこで、分かったことがあるんです。

アイアン、UT、FWとあまり曲がらないで来て、ドライバーになった途端に見事にボールがスライスになるではありませんか。

???

これはおかしいと思い、いろいろ比べることに、

当たり前ですがシャフトの長さや、ヘッドの形状、ティーアップするかしないかなど目に見える違いはあれど、これだというポイントは見つからず、

ドライバーとその他を交互に打つことで、何が違うのかを探していくことにしました。

ドライバー→FW→ドライバー→UT→ドライバー→アイアン。。。

そこで、ドライバーを打つときだけ手が痛くなることに気が付きました。

むむ?

手が痛くなる原因としては当たってない?ってことと、力んでる?て事の二つに落ち着きました。

(まあ両方なんですが、)

どおやらここに原因が隠れていたみたいです。

厳密に言うと原因はものすごくアピールしていたにもかかわらず、私の方が分かってあげられなかったというのは実状ですね。

受信側に問題があった。

世の中こういうことはとても多いのでしょう。

どおやら、私は特にドライバーを打つ時に手に力を入れてしまっているようでした。

心のどこかで「当たらない」という気持ちを強く持っているのでしょうね。

空振りすることが怖かったのでしょう。

とても分かります。

手を脱力して打ってみると、スライスしても少しでした。

これだ!

そのかわり、ダフって引掛ける現象がちょくちょく出てくるようになりました。

まあ、これから繰り返して身につけていくようにしましょう。

これはテニスにも同じことが言えると思いました。

スマッシュをミスしたときなど、原因が分かりにくかったのですが、空振りしないように緊張していたのは事実です。

勇気をもって脱力するのです。

不思議ですね。

本来勇気は力む感じがするのですが、

脱力することで、ミスする恐怖を越えるために勇気を使うのです。

そして良いスイングで打つのです。

深いな。

たぶんこの勇気の集合体がメンタルで言うところの「挑戦する気持ち」なんだろうと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分は逆だなぁ。

先日左親指を突き指した後ゴルフをしましたが、ドライバーは軽く振って振り切れるのですが、アイアンの時は軽く振っても痛いこと痛いこと。

結果、力みが取れて好スコアでした。

意外と左親指に力が入っていたんだなぁっと実感。

No title

suwakitiさん、
そうですか、面白いですね。
まさに飛ばす秘訣なのかもしれませんね。
常に力まない打ち方をマスターしたいものです。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア