映画『聖の青春』を見てきました。

12月になってしまいました。

いよいよ今年も終わりですね。



先日、映画「聖の青春」を見てきました。

亀有アリオに行ってきましたよ。

祝日でしたが入るときと出るときは車が混んでましたー。恐るべし、亀有アリオ。

前回ブログに書くことで、自分の欲求と素直に向き合えた気がします。

映画は松山と東出の役作りに驚かされました。

松山は役作りとして体重を20キロ以上増やして臨んだとのことで、もちろん演技も自分が映像で見たことのある村山にそっくりで、役者って本当にすごいんですね。

驚きました。

モノマネでもない別人なのに似てるって凄いですよね!

自分はマンガから入ったのですが、

意外にリリー・フランキーが師匠に似てたなあ。(あくまでマンガの中のキャラクターにですよ。)

リリー・フランキーは確かイラストレーターだと思っていたのですが、悔しいですね。

悔しい存在です。

電気グルーヴの滝とかも悔しい存在です。

いつか悔しい存在の話も出来ればと思いますが、今回は戻します。

映画を見る前は、病を負った中で将棋という戦いの場で苦悩する場面を泥沼から羽生の足を引きずり込むような表現でやるのかどうかを楽しみにしていたのですが、

そういった比喩的なイメージ映像は一切ありませんでした。

そして、ストレートに将棋の対局シーンで苦悩を描くということで、結果的には本人を茶化すような形にならなくてよかったような気さえしています。

羽生さんは生きてますし。

柄本が昭和の臭いオジサンを演じていましたが、ああいう臭そうなオジサンがもっとたくさん出てくれればよかったような気もしますが、まあ、今時そんなことをしても全く興行には結びつかないでしょう。

昭和の臭そうなオジサンも気になる話題だな。いずれまみえようぞ。

自分しか知らないと思っていた作品が映画になるという喜びをかみしめに行けたことで、満足をしているのですが、

いざ見るとそれでは済まないというのが玉にキズですね。

将棋にも原作漫画にも興味もないのに付き合ってくれたカミサンに感謝しつつ、「ファンタスティックビースト」でお返しできればと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア