ロードバイク7時間耐久エンデューロに参加しました!

11月になってしまいました。

年内最後のマスターズのパリ大会では錦織が三回戦で地元ツォンガに屈しました。

まだ試合を観てないのですが、マッチポイントを逃しての負けなんて、悔しいですね。

ちょっと今回はマスターズ初制覇なるか!なんて思っちゃいましたが、かないませんでした。

残りはロンドンでのツアー・ファイナルですね!

こちらも大一番ですから頑張ってほしいです!

🍥

また、初めての扉を開けてしまいました!

ロードバイク。7時間耐久エンデューロに参加してきました。

7時間を6人で交代しながら走るというイベントです。

ツインリンクもてぎというサーキットで行われました。

一周5キロのコースを一人3周交代で回すことにして、最終的に自分は3セット乗りました。

5×3×3=45キロですから距離にすると大したことないのですが、

このサーキットのコースの中にもアップダウンがあり、一周だけでもなかなかきついのですよ。

思いっきり漕げる、スピードが出せるというのはありがたいのですが、ある程度以上のスピードは怖いですし、またそれを持続するのは至難の業なのです。

凄く速い集団があって、それをよけながら走るのですが、おおざっぱに遅い人はキープレフトという決まりがあるので、自分はほぼ中央を走ることになりました。

そして空気抵抗を減らすために人の後ろについて走ると楽になることから、自分に合ったスピードの人を探しながら走ります。

ただ、気が付くと自分の後ろに他人の烈が出来ていたりして驚きます。

背中の取り合いをしているわけですね。

本来はトレインと言って数人で先頭を代わりながら走っていくのがイイのですが、なかなか知らない人と走りながらそれをやっていくのが出来ませんので、

黙って他人の背中に着くことになったり、着かれたりします。

オヤジたちが背中を取り合うという考えてみれば不思議な世界でした。

というのも、それだけ空気抵抗が大きいということなのです。

自分も少しだけ大集団に貼りついたことがあるのですが、大集団の中にいるとすごく楽なので、逆にちょっと自分で漕ぐと集団が物足りなくなってしまうのです。

そこで、集団を離れてスピードを出しているつもりが、結局集団に抜かれることになり、抜かれてしまうと追いつけなくなるということを味わいました。

「弱虫ペダル」などロードレースの漫画で見ていたことが実際自分で味わうことが出来たのです。

不思議な感覚でした。

最後は足がピクピクしだしていて、バイクを降りてから太ももがつりました。

まあ、乗りながら足がつらなくてよかったと思うことにしましょう。

私たちのチームはカテゴリ別で32チーム中9位というなかなかの好成績を出しました。これは嬉しかったです。

個人的には一周のベストラップタイムが6人中4位の成績であったことが一つの不満ではあります。

悔しい思いもしないとね。

ただ、もし次に出ることになるのであれば、一人で4時間もしくは7時間に挑戦してみたいという気持ちもありますね。。。

それこそ大集団に乗っていられ続ければ、行けそうな気もします。

久しぶりに開いた新しい扉で充実した一日を過ごしたことは間違いないですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

9位おめでとうございます。

ケガしないようにね。

No title

suwakitiさん、
集団で走ること、スピードが出ることから落車など事故の危険性があるので、はじめのうちはおっかなびっくりでしたが慣れてくると思った以上に大丈夫でした。
(それほどスピードが出てないという事実も。。。)
とはいえ、落車などした方が放送で呼ばれる場面もありましたので、注意は怠れませんけどね。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア