勝負の勘

楽天ジャパンオープンはまさかの錦織棄権という結果になってしまいました。

ガーン。

🍥

前回将棋を話題にして、気が付いたことがあります。

テニスの試合にはよく出ていて、よく負けるのですが、負けるのが悔しくないわけではありません。

むしろすごく悔しいのですが、分析してみると、

自分に負けたのと、相手に負けたのがあるとすれば、自分に負ける要素が強いような気がします。

まあ、メンタル弱すぎなので、仕方ないと言えば仕方ないのですが、

ゴルフも結果が悪くても自分に負けたということで済ませている気がします。

将棋は最近はやらなくなりましたが、結構負けるのが嫌でやらないことが多かった気がします。

勝ち負けの中のゲーム要素。

相手に勝ってやるという気持ちが最近は薄くなってきているような気がしました。

自分の興味の方向も自然にそういう方向に進んでいっている気もします。ロードバイクとかクライミングとか。

相手に負けて悔しい思いをするのが少なくなってきたと感じるわけです。

もし、自分が勝負に強くなるのであれば、必要なのかもしれません。

闘争心むき出しでいるのも、いかがかなと思いますが、大人ですからそこを上手にやっていった方がいいのかなと思いました。

周りに嫌われずに、なんかキレイに勝とうとしている自分がいます。

思い起こせば以前はもっと泥臭かった気がします。

試合をドロドロにして相手を困らせて、勝ちをすくい取るようなことばかりしていたような気がしました。

うまく言えませんが、

実力差のない状態で勝負するということが今の自分に必要なのかもしれません。

そして、相手をもっと意識してみるのもイイのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そっかー。
自分の場合だと、ゴルフのような個人競技はいつも自分の実力のなさと感じます。
それもそのはずで、何も努力をしていないからと言うことになります。
草野球のような団体競技は難しいところです。

No title

suwakitiさん、
そうなんですよね。自分の調子、仲間の調子、相手の調子と複数の要素が絡みながら進んでいくので、なかなか難しいです。
よく言う1番の相手ピッチャーの調子を見るという仕事も必要になってきますよね。
ゴルフもマッチプレーというのがあるのですが、一般的にはやらないですからね。(少し違いますが握りがそれに値するのではないかと思います。また自分が握りを嫌っているのもその辺に由来するのかもしれません)
一度機会があればマッチプレーをやってみるのもよいのではないかと思います。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア