富士山ヒルクライム2発


ウィンブルドンは男子がマレー、女子がセレナが優勝で幕を閉じましたね。

錦織が負けてしまってから僕の観戦モチベーションが下がってしまって、録画はするものの少ししか見ないで消すというような流れに陥ってしまいました。

まあ、そんなこともあるさ。

錦織の次の試合はカナダのロジャースカップです。

応援するぞ!

🍥

先日、今年初めてとなる富士山ヒルクライムをしてきました。

前回は2人でしたが、今回は5人です。仲間が増えました。

前回はアザミラインからのスバルラインという流れでしたが、今回はスバルラインからのアザミラインという登り方でした。

(ちなみに、富士山にはスカイラインという登り方もあります。)

スバルラインは約24キロで5合目まで、アザミラインは約12キロで5合目までということで、

どういうことかお解りかな?

アザミラインの勾配がきついんじゃ!

仲間の一人が先月、「マウント富士ヒルクライム」という大会に出て、アマチュアの目標である1時間半をぎりぎりきれなかった話を聞いて、

改めて自分たちも挑戦しようということになったのがきっかけでした。

前回僕は2本目ということもあり、足をつかなかったというだけで、約2時間半くらいかけたのではないかと思っていました。

今回は約1時間50分くらいで登る事が出来ました。

うーん、今の実力的にここの1時間半キリはちょっと難しいですね。

そして一行はアザミラインに向かいます。

こちらでは前回は1本目に関わらず足をついてしまったので、足をつかずに上りきることを目標にしました。

ところが、走り始めてだらだらと続く10%くらいの勾配がきつくてきつくてたまりません。

こんなにきつかったっけ?

というのが率直な感想です。

「もうギブアップしちゃおうかな?」

と思ったところで、先を行く仲間が休憩しているのが見えましたので、渡りに船とはこのことよと自分も一緒に休憩しました。

3人目までは合流したのですが、残り2名は引き返してしまったようです。

個人的にはこのまま帰ってもよかったのですが、誰もそんなことを言い出す人はいません。

オジサンは頑固なのです。

重い腰を上げて再スタートすると、すこしして勾配が緩くなりました。(何だもう少し粘れば行けたかな。なんて思ったりもしましたが、無理です)

緩くなったと思ったら眼前に厳しい勾配の坂が立ちふさがりました。

そうです。前回足をついたところです。

ここだけは意地でも足をつかずにクリアしました。

するとその先でまた仲間が待っていてくれるではありませんか。

またもや休憩しました。もう一人を待って、再再スタートします。

次は「馬返し」と呼ばれるさらに厳しい坂が待っています。

そこは普通に行っても登れないので蛇行運転で切り抜けました。

車も来るので危ないので、耳を澄ませて蛇行します。

車が来そうになると、通常にまっすぐ登るのですが、正直厳しいです。

もうそこからは厳しい坂が続きました。

ほぼ蛇行運転で登っていきます。

するとまた休憩して、再再再スタートして、なんとか登っては休憩して再再再再スタートして、なんとか五合目に辿り着きました。

たまらず足をつく事だけはなかったというのが前回との違いであって、休憩回数は増えてしまって進歩は見られなかったですね。

次回は途中休憩なしで登りたいですね。
出来れば蛇行運転もなしで登りたいです。

ただ、それが出来るようになれば、自分としてずいぶん進化することが出来るでしょうし、見える世界も違ってくるのではないかと思うほどです。

頑張ろうっと。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おじさんは頑固だね~(笑)

下り坂でケガをしたり、車にぶつからないように気をつけて下さい。

おじさんなんだから。

No title

コメントありがとうございます。
オジサンがコツコツ努力して目標をクリアしていく。
でも汗まみれで臭い。
ザッツオジサンLOVE。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア