「高い城の男」を読み終えて

4月も半ばですね。

北島康介が引退を表明しましたね。

よく考えると、アマチュアは引退しなくてもいいんですね。

ずーっと続けることができる。

弱くなっても辞めなくてよいという選択肢(?)があるという幸せをかみしめしょう。
(その前に強くなっても居ませんが。。。)

🍥

先日テニスの本のことを書きましたが、

自分の心に「読む」というエンジンがかかるので、他の作品にも食指が伸びるものですね。

ようやくというか、何年かかったのかさえ忘れましたが、フィリップKディックの「高い城の男」を読み終えました。
(ただのちょっと厚めの文庫本なのですが、何でしょうね。)
いつから読んだのかわからなくなり、このブログを読み返したりしましたが、これに関しては書いてなかったですね。

内容の方も、第二次世界大戦で日本とドイツが勝利していたという設定は興味深いんだけどストーリーが展開していかないので、不思議な作品という大きなくくりに収まってしまいましたね。
(うーん、展開していかないというよりは、収束しないという感じでしょうか。。。)

それでも劇中「易」を使うというのが新鮮でした。この作品は映画化されていませんが、こういう一つ一つのキラキラした部分を映画などで広げて見せてくれるので、ハリウッドの凄さというのを感じます。

やはりSF作家だけあって設定はずば抜けていると思います。

個人的にはフィリップKディックの中では「マイノリティ・レポート」が一番です。

🍥🍥

さて、こうなると次読む作品についてですが、過去のブログを読み返すと、計画するものの全然読んでないですね。
(とほほ。娘には怒るくせに、この計画性の無さよ。)

調べると夢枕獏の「キマイラ」の最新刊が出ていることに気が付きました。

とりあえず、これでお茶を濁して、

ジェフリー・ディヴァ―のキャサリン・ダンスのシリーズの最新刊に行こうかなと目論んでいます。

キャサリン・ダンスのシリーズはマイアミが舞台になっていて、先日錦織が決勝に行った会場の辺りになるわけです。

今まで、風景の描写などを読んでいても想像しにくかったのですが、その辺のことも楽しめそうな気がします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オラオラ!

単身赴任から約2週間。社宅代わりのマンションは会社に近いから楽だ。ワシもなんか本を読んでみるかな。
次男からメールがあり、都立の次に行きたいどうしても私立高校があるらしい。実は中学受験の時に志望していた学校でもあるのだが、我が家の事情を汲んで断念した経緯がある。有名大学の付属なので後々考えたらそれも一案なんだよな。

No title

木刀さん、
お子さんのことも、離れてみるとまた違った形で考えられるのかもしれませんね。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア