榛名山ヒルクライム

今日は晴れましたが、
このところ雨が続いて、参りました。今やっている現場が全く進みません!





先日ロードバイクのヒルクライムの練習に榛名山に行ってきました!

これまで、顔振り峠(越生)、不動峠(筑波山)、白石峠(秩父)と行ってきましたが、

5月に行わるヒルクライムレースの下見を兼ねて行きました。

役場の駐車場に行くと、職員の方から「試走の方はこちらです」と専用駐車場を案内されました。

高崎市の取り組みが本気で驚かされます。

行ってみると、もうずらりと車が並んでおりました。

こんなに多くの人が来てるのかと驚きました。

自分たちも自転車を用意して登り始めます。

高崎は桜が満開できれいでした。

ってことはスギ花粉もピークなのでは?と考えてしまいます。

徐々に登りがきつくなってくるので、ギアを下げていきますが、気が付くと一番軽いギアになってしまいます。

そうなると、もう軽くできませんから、だんだんきつくなってきて、

マスクを外します。

少し楽になるもののそれほど変わらないので、今度は声とういか呼気が漏れてしまいます。「はぁっ!はぁっ!」とこっちは本気なのでどうしようもないけど、恥ずかしいです。

それでもきつくなると猛スピードがゼロに近くなってきて、倒れてしまいそうになるので、立って漕ぎます。

いつまでも立ってはいられないのいので、座ったり立ったりを繰り返します。

残り4キロとなってから、斜度がさらに上がりました。

そのころから自分はコケないことの一点のみを考えています。

ペダルを踏みつつハンドルをくねくねさせてコケないようにすると同時に一般道路なので、車に邪魔にならないように端っこをキープするのです。

そして、ゴールまで1キロの表示が見えてきてからは、

頭の中で数を数えだしました。

その時の自分は必死に、ペダルを一回転させたら1m進むとして1000数えれば絶対に着く!

と自分自身に言い聞かせていました。

途中気が付くとペダルと数が全然あってないときもありました。

呼気とともに数を数える声が漏れていたかもしれません。

それでもいいんです!

その時の自分にとって、コケないこと、そのために冷静でいることが数を数えることなのですから。

そんなこんなでようやくゴールに辿り着きました。

多くの人が休んでいました。

自分のタイムは1時間21分でした。

どうやら皆1時間を切ることを目標にしているようで、周りから「一分足りなかった」など聞こえてきます。

そこによろよろのおじいちゃんが上がってきました。

お仲間に連れられて休憩しながら、「タイムは?」と聞かれて「74分だあ。」などと答えているではありませんか?

どう見ても年だって70は越えているように見えるのに。

自分より10分程度早いなんて。

そして、ろくすぽ休憩もとらず、動けない自分を尻目にさっさと帰っていくではありませんか?!

ぐぬぅ、

おじいちゃん恐るべし!

本番では1時間切ってやる!と気持ちを新たに榛名山を後にしました。

その後一日明けてから凄い筋肉痛に襲われたのは言うまでもありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

帰りの車が辛かったでしょうね。
すごいなぁ。
やらない自分が言うのも何ですが、他のスポーツの経験からして、終わった後の疲労に関しては、慣れると少しは楽になると思いますよ。

オラオラ!

小学校で3年生の担任になった嫁は、今日遠足で山に行った。まぁいい天気で良かったな。
双子の娘は今月で4歳。だんだんとオシャマになって困ったもんだ。5人兄弟は大変だが賑やかだな(苦笑)。

No title

suwakitiさん、
榛名山までは車で行きに3時間、帰りは渋滞で4時間かかりました。
とほほ。45になって疲労回復が新たなテーマになってます。

木刀さん、
小学生の担任かあ、その都度合わせなければならないというのは慣れるまで大変なんでしょうね。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア