2月文楽

先日2月文楽に行ってきました。

久しぶりの文化芸能部です。(あくまで自分の中の)

ここのところ、自分の中の体育会系が幅を利かせていたので、心を落ち着けるのにいい機会ではありました。

今回の演目は「二人禿(ににんかむろ)」「源平布引滝(げんぺいぬのひきのたき)」でした。

源平布引滝は平氏に追われる源氏のお宝である御旗を守るという凄くストーリーのわかりやすい演目でよかったです。

席が前の方だったので、表情の変化もよく見えました。

人形にも感情移入もできて、楽しめました。

文楽において情念というのが一つのポイントだと思うので、登場人物の情念を感じ取れることが出来ればもう大成功です。

あえて言うとしたら、どうしても首を切ったりするシーンになると人形感が強くなってしまいました。

ただ、三味線の弦が切れた瞬間があって、自分もドキドキしてしまいました。

横目で見ていると、三味線の人が慌てずに弦を直していて、太夫の人も何もなかったのように語りを続けていて、

ああいうピンチを平常心で乗り越えられということに凄く感動して尊敬しました!

多分、気が付いてない人も多かったのではないでしょうか。

プロですね。

正直今回も、3種類の演目があり、見れるのには限りがあるのですが、

できれば、ほかの演目も見たいなあ。

次は5月なので、楽しみにしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

三味線と言えば、先日テレビで1本の三味線を二人で奏でたり、二人羽織で奏でたりするシーンを見てビックラしました。

No title

suwakitiさん、
いうのは簡単だけど、出来ませんよね、そんなこと。
楽器は興味はあるのですが、なかなか手は付けられませんね。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア