「オールラウンダー廻」が面白い!

ようやく現場が再開しました。

3月末で終わらせる予定の現場ですが、雨その他で失った5日間、取り戻せるのでしょうか?

無理に進めるのも建物にとって良くないですし、

とはいえ消費税が絡むので、微妙です。

☆ミ
☆ミ
☆ミ

「オールラウンダー廻」というマンガを読み始めました。

格闘技のマンガで、前から気にはなっていたのですが、放っておきました。

先日、たまたま電車に乗る際に暇つぶしに「イブニング」という雑誌を買って読んでいると、

先日ここにも書いた「山賊ダイアリー」とこの「オールラウンダー廻」が心に引っかかったのでした。

「オールラウンダー廻」は主人公の名字が自分と同じというだけで、嬉しかったというのが大きいですね。

単純ですね。

単純です。

マンガのなかで主人公が呼ばれると、自分が呼ばれるみたいな気がしてしまいます。

凄い!

凄く感情移入してしまいます。

高校生の頃、同じ名字の選手が南海ホークスにいて、ファンになりました。

そんなもんです。

といいつつ、当たり前ですけど、この漫画の魅力はそれだけではございませんよ。

このマンガは「修斗」という初代タイガーマスクの佐山サトルがつくった総合格闘技が舞台になっていて、自分も大学生の頃友人と試合を見に行ったことがあります。

それから20年以上たちましたが、進化し続けてきているのですね。

自分の好きな関節技などにいたる、経緯などが細かく描写されているので、技をかけるシーンなど、何度もページをめくったり戻したりしてみてしまいます。

自分も目が悪くなければ、もしかしたら格闘技に進んでいたかもしれません。

ということは、レーシックとかしたら、格闘技の門が開くのかなあ。

マンガにおいては、「努力、友情、勝利」が重要と言われていますが、

私は「負け」をしっかり描けることが、重要なのだと思います。

「負け」ても課題を見出したり、次へのステップにしたり、負けることが勝つことにつながるのだとおもいます。

いつしか「負け」ることが嫌になってしまうようになりました。

「負け」を恐れない気持を大切にしていきたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オラオラ!

パラリンピックの開会式を途中まで観ていたが、寝てしまったわい。無関心はやめとけな(笑)。
長男の部活では次々と先輩が高校に合格している。東京に越して間もないときに親子で色々お世話になった先輩も合格した。春だなぁ。

No title

木刀さん、
冬季のパラリンピックはほとんど見たことがなかったです。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア