節分からの100分de名著

皆様、節分はいかがでしたか?

うちは双子とともに豆まきをしました。

途中、ガラスの仮面芸人にあった「ワシャ―鬼婆になったんじゃー!」と叫ぶ鬼役を買って出て、
多くの豆を浴びることになりました。
結構痛いですね。

☆ミ



NHKの「100分de名著」という番組を録画して観ています。

いわゆる名作と言われる本を紹介していくという番組です。

自分がこれまで見たのは「奥の細道」「アラビアンナイト」「罪と罰」「風姿花伝」です。

なかなかいい番組ですので、気になったら見てみてください。

驚いたのは、こういう作品を生業として研究している人がいるということです。
もちろん「教授」とかそういう肩書の人になるのですが、
ヒトの作品に一生を捧げるというのは、
出来そうでできないことのような気がします。

ですから、内容の深さは半端ありません。

アメトーークの○○芸人のように、作品に突っ込んだり、面白ポイントのピックアップとは違います。

まあ、受け取り手としての自分の対応は『読む』ということで同じになってしまうのですが。。。

そして現在アラビアンナイトの本(軽い奴)を読んでいます。
次は「罪と罰」に挑戦したいと思います。

結局、「ガラスの仮面芸人」をみて「ガラスの仮面」を読むのと同じことを小説でやっているだけのことです。

「アメトーーク」では、当たり前のことですが、『笑い』を起こさせないといけないのですが、

「100分de名著」では、笑いを起こす必要はありません。

お笑い番組ではないですから。

そのかわり、伊集院光が自分の体験や考えをひねり出すのですが、これがまた見ていてすごく共感させられるのです。

何が言いたいのかと言えば、

こういう自分が何かするという”行為を応援してくれるシステム”というのが、

自分は好きなんだということですね。

今までなら、自分一人でやっていたことですが、最近は同じようなことをしてきた人が集まり易かったり、

同じ趣味の人だけにより仲間意識が持てるということです。

これはなかなか素晴らしいことのような気がします。

学生時代の部活が大人になってもできるということでしょうか。

凄い時代を生きてるんだな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オラオラ!

我が家は昨日節分なしだ。上二人は塾、嫁は自分の学校のPTA会合、ワシはコマーシャルの編集で嫁のお母さんに応援に来てもらったわい。
次男の一番の友達が中学受験に全滅したらしく、同じ公立中学校に上がることになった。最初は落ち込んでいたようだが、今は次男と一緒にラグビーをやりたいと張り切っているようだ。他の友達も大体同じ公立らしいが、一人がやりたい部活の関係で越境通学になるとかでガッカリしていたわ。

No title

木刀さん、
木刀家は大忙しですね。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア