FC2ブログ

さらに敵が現れた!

3月も終わろうとしています。

桜もきれいですね。

🍥

3月に入り、花粉とともに自分を襲ったものがいます。

腰痛です。

もともとぎっくり腰をしてから、慢性的な腰痛はあったのですが、ここ最近はうまく抑え込んでいて、

少し疲れが出ても、湿布を貼れば次の日にはほぼ治ってました。

今回は久しぶりということもあり、参りましたねー。

原因は自分が思うに、仕事で片道1時間の距離を車で行くことが多くなり、

腰に負担がかかるようになったのかなと思います。

なかなか厳しくなったので、

病院を教えてもらって行ってきました。

そこは整形外科なのですが、リハビリを行っており、

普段の身体の使い方を正しく行うことで直していこうと考えたのでした。

レントゲンで骨に異常のないことを確認したうえで、理学療法士の方に話を聞いてもらうと、

腹筋を使っていないということが分かりました。

主に背筋を使ってしまっているため、腰痛などの症状が出てきているとのことでした。

なるほど。

普段から腹筋を意識することと、

宿題の運動(簡単なもの)を教わって、慣れてない自分にとって腹筋を使い易くしていくことになりました。

とはいえ、痛みが消えたわけではないので、辛い時は辛いですが、

正しい動きをしたときは痛みがないので、かなり軽減されるようになりました。

早く腰痛とさよならしたいですね。
スポンサーサイト



ゴルフそしてメンタルのドライバー

先日、今年初めてのゴルフに行ってきました。

そこで、花粉症が大フィーバーしましたよ。

まだ前半は良かったのですが、後半になって鼻水が止まらなくなってきて、

終わってからは、くしゃみが止まらなくなりました。

薬が効いて、落ち着いていると忘れてしまいますが、本気の奴はやっぱり恐ろしいです。

これからも油断せず花粉症と付き合うとしましょう。

🍥

さて、スコアは相変わらずの58,54トータル112です。

練習しないでこれなら良しとしようかな。

ボールを4個なくしました。OB×2と、池×2ですな。そのほか隣のコースに行っての1ペナも何回かやりましたよ。

まあ、その中でもパターは33となかなかでした。

分かったのは登りにミスが多いってことですね。どうも苦手みたいですね。

次は登りの時に慎重になりたいと思います。

🍥

それから、テニスの試合で緊張する対策として、私が編み出したメンタル術として、「車の運転してる気持」になってゴルフをするというのを試してみました。

これは、なにかっていうと、

緊張するメカニズムとして、勝敗やスコアなどの結果を気にしてしまうのがそもそもの緊張の原因と考えたときに、

まるで車の運転をしているときに外で起きることと、中で行うことのように分けることが出来るのではないかと考えたわけです。

外で起きることとしては、

・信号が変わる
・自転車が飛び出してくる
・雨が降る

など、自分以外のもので、目や耳に入ってくる情報です。

中で起きることは、

・アクセルを踏む
・ブレーキを踏む
・ハンドルを回す

ですね。

外で何が起ころうが、中でやることは変わりません。

もちろん、急いだりいろんなことが中でもあるんですが、車の操縦ということを考えるといたってシンプルです。

この感覚で、テニスやゴルフもできるのではないかと考えたわけです。

スコアは信号や看板のように通り過ぎていくものとしましょう。

そうすることで、スコアや結果に縛られずに、車外の出来事として捉えられないでしょうか。

テニスで言えば、もちろん相手はいますがボールをどうコントロールするかが大事で逆にスコアはあくまで結果ですから、関係ないわけです。

勝負どころは信号機や道路標識くらいに思いましょう。

ゴルフで言えば、一打一打はどれも同じく重要で、パーなのかダブルボギーなのかは単なる結果なわけです。

バーディーパットだってアクセルを踏んでブレーキで止まる感覚で打ってみましょう。

とはいえ、なかなかその域にはならないとは思いますが、

自分でも面白い考え方だなと思いました。

そして、車の運転って、

自分は免許取って30年くらい経ちますが、ほとんど毎日のようにやってることなんですよね。

これがスポーツに活かせるとしたら、

そんなに難しくなく、結構楽に活かせるんだと思いますね。

と、いうことで、このブログを読む人はとても少ないとは思いますが、免許を持っている方ならわかるのではないかと思いますので、

一度試してみてください。

まあ、自分もゴルフで今回も試した結果がこれですから、大きな変化はなかったのですが、

凄く楽しめましたよ。

失敗しても落ち込んだりしなかったです。

遠い上達の光

3月も約半分が過ぎてしまいました。

花粉も勢いを増してきましたね。

🍥

クライミングも続けています。

上達ということでは去年の8月くらいから長いこと停滞していましたが、

ようやく長いトンネルを抜けかけているようです。

この年になっても上達するというのは嬉しいことですね。

また、一緒に通う仲間達も上達を見せており、負けられないという想いもあり、励みになっております。

クライミングジムではお客を飽きさせないように、数カ月ごとにルートを変えていきます。

このルートの変更により、登れたはずの同レベルの課題が登れなくなってしまったのが停滞のきっかけでした。

参りました。

そして、その課題はさらに数カ月たってルート変更になってしまったのですが、その間ついに完登することが出来ませんでした。

(ちなみに一度もロープを張って休憩せずに上る事を完登と言っておりますが、正式な用語ではありません。あしからず。)

まあ、少し前なら意地になって通ったのかもしれませんが、

今はそれほど深追いをすることはありません。

前回、半年前に完登した課題と同レベルの課題が久しぶりに完登することが出来ました。

今回も完登一歩手前という自分にとっての課題が2つありました。

次回は一つでも完登できると嬉しいですね。

こうして目に見える形で上達していると気分も上向きになってきます。

春らしいと言えば、春らしいですね。




「遠い山なみの光」を読んで

今日は雨ですね。

花粉は楽なんですが、寒い。

どっちがと言えば、やっぱり暖かい方がイイかなあ。

🍥

カズオ・イシグロの「遠い山なみの光」を読みました。

久しぶりの小説でした。

ミーハーですからね。話題は抑えておかないと。

風呂に入る間だけ読むと決めて、

2週間くらいかかったでしょうか。

この読み方は、今回比較的薄い本だからよかったのですが、厚い本になるともうページがよれよれになること間違いなしです。

人にはオススメできませんね。

まあ、言わずと知れたノーベル賞を取った作家の作品になるのですが、

読んでみてまず思ったのは文章のきれいさというか、読んでも読んでも飽きの来ないよどみない文章ですね。

飲んだ後のお茶漬けのようにさらさらと喉を通っていく感じは素晴らしいと思います。

まあ、英語の日本語訳ですから、カズオを褒めるべきなのか、訳の人を褒めるべきなのか迷うところですが。。。

なるほどノーベル賞と思ってしまいました。

ただ、内容がなあ。

何か起きそうで、起きません。

いや、もう起きてしまっているのかもしれませんが、起きた部分の描写は描かれてないのです。

しかもラストに向けて何かあるだろうと思って待っていたのにスカされる感じ。

まあ、実際は世の中そんなもんでしょうし。

重大なことが起きてもお腹がすきますし。

そういう意味で、評価されてるのかあ。

(違うだろ!)

この本についてどうしても読んだ人たちと議論したいというか、聞きたいところがあるのですが、まだいません。

早いところカミサンに読ませて、聞くことにしましょう。

またあいつがやってきた!

今日は寒くなりましたね!

三寒四温とはこのことなのでしょう。

🍥

花粉症絶賛発動中です!

毎年なってることですけど、

忘れちゃうのかな?

この感覚。

耳鼻科に行って薬も飲み始めましたが、

もちろんマスクもしてますが、

ちょっと風が強かったりすると止められませんね。

ここのところデスクワークが多くて、まだ助かってますけど、外に出るようになるとさらにきついんだろうなあ。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア