お酢を飲み続けた結果。。。

東レパンパシフィックオープンでは大坂なおみが準優勝をしました!

優勝できなかったことは残念ですが、大躍進ですね!

今までの日本人選手に無かったスカッとした勝ち方をしてくれるのを見るのが楽しみです。

来週からの楽天ジャパンオープンもテレビ観戦ではありますが、楽しみです!

🍥

約1カ月以上飲み続けていた黒酢ドリンクですが、
 
結局、思っていたような効果を得ることが出来ませんでした。

個人的には、汗が乾いた後のあの臭さがなくなることはありませんでした。

あえて、やる前と後で違いがあると言えば、

おでこがつるつるになったことでしょうか。

ハゲたわけではないですよ。

これまではおでこをよく見ると肌に細かいつぶつぶがあったのですが、それが減って来ました。(少しはありますよ)

そのくらいです。

まあ、これまで苦手だったために飲んだり食べたりすることは少なかったと思うのですが、

あくまでイメージなのですが、お酢を飲むことで血液が少しきれいになって、血管の流れがよくなったりしたんじゃないかなあと思うようになりました。

さして効果が出ないのであれば、1カ月くらいで止めちゃおうかなと思っていたのですが、

意外にも、さほど嫌ではなかったので、新たな瓶を買ってきてしまいました。アサイー味と梅味です。

まあ、無理せず続けていこうかなと思った次第です。実験は続きます。

なんだかぼぅっとした結論になりましたが、こんなところです。

また新たな実験を思いついたらやってみます。
スポンサーサイト

ボレーボレー大会

テニス国別対抗戦デビスカップは日本が5-0でウクライナを倒して、来年はワールドグループへの残留を決めました。
こんなに強い日本は見たことがない!

今回は錦織はもとより、ダニエル太郎と西岡の活躍が目立ちました。

日本がデビスカップを手にする日が来るかもしれないと思うと、鳥肌が立ちます。

ワールドグループでは準決勝が行われ、去年覇者のイギリスが、アルゼンチンに負けてしまいました。
デルポトロのリベンジですね!
恐るべし、

決勝のもう一枠はフランスを下したクロアチアになりましたね。
デルポトロ対チリッチは今一番ホットなカードと言えるのではないでしょうか

決勝が楽しみです。

🍥

先日、私の通うテニススクールにて、ボレーボレー大会を行いました。

知られていないと思いますが、9月23日が毎年「テニスの日」となっており、いろんなイベントが行われているんですよ。

まあその一環としてテニススクールではその近辺の日はレッスンの間にボレーボレー大会を行っています。

10分間ボレーボレー(ボールをバウンドさせずに打ち合うこと)を目標にしますが、これまでの最高は9分くらいが1回だけありました。

プレッシャーもかかるのでなかなか10分間を達成することが出来ませんでした。(確か最後は自分のミスでした)

なんと今回、10分間ボレーボレーを初めて達成することが出来ました!

正直嬉しかったです!

これまでの反省を生かせたのが良かったんだと思います。

基本、相手の打ちやすいところに返し続けるのですが、時にはボールが短くなったり、高くなったり、いろんなところに飛んで行ってしまうのを、パートナーの方とフォローし合うことが出来てなんとか10分にこぎつけることが出来ました。

達成感がありましたねー。

まあ試合で勝ったわけではないので、それほどではないにせよ、

この経験を生かせればと思います。

オススメマンガ

九月も半分が過ぎてしまいました。

全米オープンは錦織が準決勝でバブリンカに敗れ、そのままバブリンカが優勝して幕を閉じました。

バブバブ。

片手バックハンド党の党員としましては嬉しい結果となりました。

それにしてもバブリンカが、グランドスラム大会の決勝に3度出て3度優勝するという大舞台での勝率の高さは素晴らしいです。

これで、バブリンカがウィンブルドンを優勝して生涯グランドスラムを達成するなんてことになったら大変な時代を迎えますね。

同時期に4人のグランドスラマーがいるなんてことは、これまでありえないことだったでしょうから。

まあ、現状の3人いるのも既にあり得ないのですが。。。

今日から国別対抗戦のデビスカップが始まっています。

日本チームも錦織が一番の年上という布陣で臨むのですが、

今回は錦織がダブルスのみ出場とのことで、なんとかウクライナに勝利してもらいたいものです。

🍥

今読んでいる漫画を紹介します。

①「黄金のラフⅡ~草太の恋」
 「黄金のラフ~草太のスタンス」の続編となります。
 前作が、個人的にすごく好きな作品だったので、続編は待ち遠しいものでしたが、気が付いたら5巻も出ていたという大失態を演じました。(現在2巻まで読みました)

 一度、続編なるものが掲載された雑誌を読んだのですが、それが全然違う感じ(内容忘れました)で騙されたと思ってしまってから時間がたってしまったのですね。
 
 草太がどこからでもバーディーを狙う姿勢に憧れを抱いてしまうんですよね。

 そんなゴルフがしてみたい。でも、出来ない。

 やればいいだけの話なんですが、うまくいかなかったときの落ち込みもひどいので、やれずにいます。

 この作品を見るとゴルフへのやる気がふつふつと沸いてきますので、楽しみです。

 とはいえ、サブタイトルの”恋”ってなんだよ!とツッコミを入れたくなるのも事実ですが。。。

②「ゴールデンカムイ」
 こちらは、マンガ大賞を受賞した作品です。
 北海道に眠る埋蔵金を探す物語です。
 はじめは人を狩るような生々しい感じが漂っていて1巻を読んでから時間を空けて2巻に進みました。(現在は7巻まで読みました)
 2巻以降はコミカルな場面も増え、それが凄くいい感じで凄惨な場面も乗り越えられるようになりました。

 こう考えるとおかしなもんで、今まで嫌だったものが、気にならなくなるんですよね。

 アイヌの文化を学びながらストーリーが展開されていく演出の妙を感じました。

 これからも続きが楽しみです。

錦織ベスト4!

錦織ベスト4!

やりましたね。

マレー相手にフルセットの大混戦を制しました。

何度もピンチを迎えても、その都度切り替えて取り戻し、勝利へと結び付けていきました、

何なんでしょうねこの勝負強さは。

試合前に解説の松岡修造が「自分を信じて、苦しい選択をするともしかしたら勝てるかも」と言ったようなことを行ったのが印象的でした。

苦しい選択というのは守らず攻撃をし続ける、あえて難しい方を選ぶということなんだと思います。

逆に言えば、そこまでしなければ今の調子のよいマレーに勝つことはないといったことなんでしょう。

戦いもこれまでと準々決勝からはがらりと違って、メンタルの戦いが比重を占めてくるのでしょうね。

松岡修造の言葉に感動してしまいました。

松岡の解説は変なことをいうのばかりでしたが、たまにはまともなことも言うもんです。

終わってみれば、錦織もそういうことが出来た試合だったのかなと思いました。

🍥

自分が試合を見ていて思ったのが、

マレーのサーブが悪くなったことでした。

チャンスという意味では、マレーの方がチャンスは多かったんじゃないのでしょうか?
このところのマレーの試合で、ここまで悪くなったことって覚えがありません。

騒音などの話もありますが、そうさせたのは錦織とのハードなストローク戦とドロップショットなどによる前後の揺さぶりなのではないかと思います。

今回特に錦織のドロップショットが冴えていましたね。マレーはフットワークがいいので、なかなかドロップショットが決まらないイメージがありましたが、かなり決まっていましたから。

剛のストロークエースと柔のドロップショットを織り交ぜて試合を運ぶ新たな錦織の戦略が完成したのかもしれません。

それにしてもグランドスラム優勝の道のりは長いですね。次はバブリンカです。

今回マレーを倒したんだから優勝してもイイくらいなのに、バブリンカを倒してさらにジョコビッチ(予想)を倒さないと優勝できないんですから。。。

個人的にはバブリンカ好きですよ。リスキーな世界最速のバックハンドが魅力です。しかもそれがシングルバックハンドなんですよね。

でも、この調子で行けば、バブリンカは行けるのではないかと思います。

ただ、ジョコビッチは分かりませんよ!
いや、勝ってもらいましょう!

応援し続けます。楽しみですね!

レモンハート

錦織ベスト8進出です!

やりましたね。ビッグサーバーでしかも今期調子のよいカルロビッチ相手にストレートで勝ちました!

次はマレーかディミトロフ。まあ、順調にいくとマレーだと思います。

しびれますね!

🍥

マンガ「レモンハート」がドラマになっていることに気が付きました。

BSかな?

それから録画して観ています。

いいですね!

つい、おサケが飲みたくなります。

行きつけのバーがあったりすると格好イイですよね。

バーの雰囲気とかが良くて、

この作品はドラマに向いているのだなと思いました。

(もちろん漫画の白黒の画に想像力をフル回転させるのも好きですが)
 
ただ、レモンハートの話しに出てくるおサケがいつもあるバーなんてないですよ。

その辺は足で稼ぐしかないのでしょうね。

とりあえず生!で満足してしまうのも悪い癖ですね。 

9月文楽2016

全米オープン、錦織は2回戦で若手の怒涛の攻撃に苦しめられ、3回戦ではベテランの戦略に苦しめられ、グランドスラムは簡単じゃないですね。
それでも、しっかりと勝ち上がっている。

強いです。特に、どんなポイントでも脱力が出来ている感じがします。一見調子悪いと思ってしまうのですが、そんなことないんです。
相手はさらにコースが読みにくくなっているのではないかと思います。

あえて言えば、ファーストサーブの確率さえ上がれば、もうトップ4とも互角にやり合えると思います!

そして4回戦はカルロビッチになりましたね。
以前は苦手としていたカルロビッチですが、このところ負けてなかったような気がします。
ただ、カルロビッチの調子が良いのも事実。油断のできない展開になるでしょう。

また、背が小さくても世界で戦えるお手本を発信してもらいたいと思います。

大坂なおみは大逆転されての3回戦敗退で残念でした。
この後日本に来るようなので、注目したいと思います!

🍥

9月文楽行ってきました。

「一谷フタバ軍記」(フタバという漢字が出ません)

源 義経と熊谷直実の話しと言っては簡単すぎるのですが。。。

国立劇場が50周年とのことで、通し狂言といって、午前の部と午後の部で一つの演目をやってしまおうという企画のようです。

自分は午前のみの観劇にしたのですが、終わってみるとむくむくと、午後の部も行きたくなるもんですね。

チャンスがあれば。。。

今回登場する熊谷直実は熊谷駅にある銅像で、2年前ロードバイクで行ったときに見かけました。

(こんなことにもつながっていくんだ。
たしかあの時は自分が思っていた人物と違ったんだよなあ。誰と勘違いしたのか、記憶がぼやけてしまいました。)

さて、「一谷フタバ軍記」は面白い話でした。

ストーリーのどんでん返しやトリックを楽しむというのは、江戸時代も今も変わってないのですね。

今回の話しも十分に引き付けられました。

次回12月は忠臣蔵の通し狂言のようですね。

期待して待とうじゃないですか!

続きを読む

プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア