携帯(スマホ)の機種変更をしました。


マスターズ1000マイアミ大会、快進撃を続けていた西岡と大坂も3回戦で敗退となりました。

残念です。

残る日本勢は錦織のみとなりました。

予選からの連戦で体力も限界を迎えたのかもしれません。

ただ、この結果、二人のランキングが浮上して、本選ストレートインなんてことになると楽しみが広がっていきますね!

ただ、今回のマイアミは暑いみたいで、棄権者続出のようです。詳しい理由はわかりませんが、フェデラーに続いてナダルも棄権しましたね。

それでもジョコビッチは勝ち続けるという。。。どんだけ強いんだ。

🍥

携帯(スマホ)の機種変更をしました。

そしてキャリアの方も今回はAUからソフトバンクにしました。

まあ、理由は、安くなるからです。

不思議ですね。

同じiPhoneを使うのにキャリアを替えた方が安くなる。今はそんな世の中なんです。

以前はキャッシュバックを目当てにドコモからAUに変えました。

10年以上ドコモを使っていて、「ドコモからキャッシュバックをもらうまでは許すまじ」という思いで旅に出たつもりだったのですが、

今回ドコモに戻る事は出来ませんでした。

理由は高いからです。キャッシュバックもなくなりましたしね。

よく新聞を変えると、いろんな特典が付くなんて話は聞きましたが、携帯代に関しては利用料金が安くなっちゃうんだから驚きますよね。

ただ安くなる分を計算すると、

以前行っていたキャッシュバックの金額に相当するということがおぼろげながらに見えてきました。

ということは、

携帯会社は今回料金が安くなることでは痛まないんだなということが分かります。

まあ機種変更と同時にキャリアを変える人があまりいないんだということになれば、さらに痛まないわけですね。

自分としては経費が安くなるのは嬉しいので、ありがたいのですが、

ただ、機種変更にかかる時間は結構なものがありました。まあ半日はかかると言って過言ではないでしょうから。

それがデメリットと言えば、デメリットでしょうか。
スポンサーサイト

タバタ式トレーニングをやってみました

マスターズ1000マイアミ大会でやりました!

西岡と大坂なおみが二人ともシードを破っての2回戦突破です!
伊藤竜馬も2回戦突破しています!

凄い!

西岡はF.ロペスを破り、大坂もエラーニを破りました!!

物凄く自信になったことでしょう。

西岡の試合はBSで取り上げてくれたので録画されていると思うのですが、大坂なおみの試合が見たいんだよなあ。

良いテニスするんだよなあ。

🍥

テニスを強くなるために自分を鍛える必要な力として、

筋力と心肺機能そして持久力と考えています。

自分にとって特に弱点と思えるのが、筋力と心肺機能なので、

筋力はクライミングで、
心肺機能は自転車で高めようと思っていました。

最近知り合いに教わったタバタ式トレーニング(タバタプロトコル)を自転車で行うと心肺機能向上に良いということが分かり、取り組み始めたところです。

本来タバタ式はどんな運動にも当てはまるものとのことで、自転車でやらなくてもよいのですが、

うちには固定式ローラーという、強い味方がいるのでおあつらえ向きなのです。

内容は至ってシンプルで、フルパワーで20秒間やったら、10秒間休憩します。

これを8回繰り返すだけなのです。

時間にして4分間のトレーニングです。

・・・ただ、これがキツイ。

世界一長い20秒間を経験します。(インターバルにて世界一短い10秒間も同時に経験!)

終わると足腰が立たなくなるくらいキツイのです。(たった4分が一時間の運動に相当するらしいですよ。)

タバタ式用のスマホのアプリがあるくらいですから驚きです。

一日おきにやったらいいと言われているのですが、自分はなかなかその気になりません。タバタ式をやろうと決意してから1時間以上時間がかかる事もよくあります。(まだ3回しかやってませんが。。。)

ギヤも一番軽い奴でしかできません。

もし慣れてくることがあったら、ギヤを重くしようかななんて思ったりもしますが、今のところ4回目くらいでもうフルパワーが続きませんので、8回が余裕になって来たら考えることにしましょうね。

8回のうちの後半は一生懸命漕いでるようには見えるけど、大して漕げてないという惰性のような状況になってます。必死の形相だけが凄いことになっています。

人にはこの姿を見せられませんね。

たしかマンガ「ベイビー・ステップ」では400m全力で走った後に200m流して、これを繰り返すというトレーニングの件があったので、このことを言っていたのでしょう。

400mは20秒で走るのは不可能ですから、テニス用に改善したのでしょうね。

さらに恐ろしい。

ただ、やってみて思うことはフルパワーというのが新鮮で、なかなか日常生活に無くなっていたことではありますので、刺激的ではありました。

客観的に自分の心肺機能が低いということがよくわかり、いい経験になりました。

いつか慣れてくるといいなあと思いながら。。。

子の権現ヒルクライム

3月も終わりに近づいてきました。

昨日から花粉の猛攻撃が始まりました。
飲み薬では症状を抑えられず。点眼点鼻薬を打つものの、対して効果ないような状態が続いています。

「結局、花粉が凄くなったら、薬効かないじゃん」というのが、厳しい現実のようです。

とはいえ、この厳しさが過ぎれば花粉の季節もおしまいですので、あと少しの辛抱ですね。

🍥

先日、ロードバイクでヒルクライムをしてきました。

場所は飯能の先、子(ね)の権現というお寺の周辺になります。

子の権現は『チャリダー』というNHKの番組で見た場所だったので、楽しみにしていたのですが、これがキツイ!!

始めはそうでもないのですが、子の権現まで1.5キロを過ぎたあたりから傾斜がきつくなってきて、残り300mはありえないと思ってしまうほどの傾斜(最大斜度28%)でした。坂と言っても途中に多少緩やかなところがあるものなのですが、それが見当たらない登りっぱなしという厳しさがありました。

ヒーコラ足をつきながら登ってきました。

結局その日は5つの峠を登っては下ってきましたが、さすがに最後の方はペダルを漕ぐものの、あとは倒れないようにしているだけという、どうにかこうにか登るだけになってしまいました。

疲れたー。

🍥🍥

子の権現は足腰のご利益があるとのことでしたが、

「ここまで来れれば、すでに足腰がいい証拠なので、御祈願の必要がないのでは?」と思ってしまうような場所にあり、不思議でした。

それでも、金の草鞋はテレビでも見ましたが、なかなか立派で、来て良かったと思わせるものがありましたよー。
image1 (18)

さっそく映画「エヴェレスト 神々の山嶺」見ちゃいました。

インディアンウェルズの大会はジョコビッチの優勝で幕を閉じました。

錦織はナダルにストレート負け。

この試合、錦織の猛攻も、ナダルのカウンターとサーブを含めた確率の高さの前に屈しましたね。

ただ、メンタル的に感情を抑える(もしくは感情を見せない)努力をしているのが凄くよくわかりました。

ただ、試合中にジャッジを含めてイライラを募らせてしまい、ラケットを投げるという残念な行為を2回もしてしまいました。

自分も感情のコントロールなどについては考えたこともなかったので、これを期に取り組んでみようかなと思いました。

強い人ほど感情のよく背をしているモノですしね。

その錦織に勝った強いナダルをジョコビッチが喰らう。

そして、決勝ではビッグサーバーであるラオニッチに対して、6-2,6-0という驚異的なスコアで勝ってしまうんだから、ジョコビッチの強さはハンパないですね。

次はマイアミのマスターズ1000大会だそうで、こちらも楽しみです!

🍥

早速、映画「エヴェレスト 神々の山嶺」を見てきました!

面白かったです!

やはり、実際の登山シーン、エヴェレストの風景、風や雪、落石などの臨場感は映画が勝りますね。

見てよかったと思いました。

ストーリーはやはりというか、かなりはしょられていて、エヴェレストにまつわるもの、本筋のみというシンプルな形になってしました。

そげ落とす作業というのはなかなか大変なことですよね。

それでいて、各キャラクターの動機づけを見せなければならない。

それにしても阿部ちゃんカッコよかったっす。

🍥🍥

ここから偉そうに評論します。

阿部ちゃんは羽生というキャラクターの不器用さとか存在感をうまく演じていたと思います。

V6の岡田に関しては深町というキャラクターのずるさというか、そういう人としての弱い部分が、羽生に影響されて本気になって取り掛かる変化を見せてほしかったような気がしました。

まあ、映画の方のストーリーに原作にはないものが多いので、難しいのかもしれませんね。

そして、物語後半に深町がエヴェレスト登山中にトランシーバーからのアドバイスを無視して突き進む件があるのですが、あの辺の持って行き方に無理があったような気がしました。

今思えば、深町は本気になるのではなく狂気になるということにしたのかもしれませんね。
であれば、それなら深町の狂気に至る過程が少し欠けていたのではないかと思いました。

いずれにしても、最終的に伝えたいことは羽生の想いが深町に受け継がれていくということ、その意味でよく分かる内容になったのではないかと思います。そこがこの映画が面白いと思える基でしょうね。

見ているときはピンと来なかったのですが、山登りは帰ってくることこそが、意義になると考えれば、「なぜ山に登るのか?」の問いに対して「俺がここにいること」という答えが出るのかもしれないなあと思ったところです。

うーん、これでいいのだろうか?一抹の不安はありますが、評論の方はその道のプロに任せることにしましょう。

登頂するのが目的のはずの登山が、帰ってくることが目的になる。

当たり前と言えば当たり前なのに、それでいいのかと考えてしまう。

深いお題なのかもしれないですね。

「なぜ山に登るのか?」という問いに対して、

今自分の答えとしては「なんで山に登るんでしょうかねえ?」と逆質問で返して終りにしたいと思います。

🍥🍥🍥

映画館で近々上映される「仮面ライダー1号」のポスターがありました。

予告編は見ることが出来ませんでしたが、個人的に楽しみです。

カミサンに一緒に行こうと誘うと、断られました。

ギャフン。

本郷猛の格好よさが分からないかなあ。
阿部ちゃんよりもV6よりも格好良いと思うんですけど。。。

見に行きたい映画

マスターズ100インディアンウェルズの大会、錦織選手がイズナー選手にフルセットの末に勝利して、ベスト8を決めました!

この試合、スコアが1-6、7-6、7-6と取ったゲーム数より取られたゲーム数の方が多いという結果でした。

イズナーは悔しかったでしょう。さらに錦織はブレイクポイントもなかったということで、それでも勝ってしまうのだから驚きです。

「強い錦織」と言わざるを得ませんね。

そして、次はナダルとの準々決勝です!自分が待ち望んでいたトップ4との対決です。

NHK-BSで明朝4時から放映とのこと。

起きれるかなー?

🍥

見たい映画があります。

「エヴェレスト 神々の山嶺」です。

まあ、この作品に関しては夢枕獏の原作小説も読み、谷口ジローの漫画も読んでます。

それでも見たいと思うのは、阿部ちゃんのせいでしょう。

なんてったって、MENS NON-NO世代ですから。

友達の家で読みふけりましたから。

ファミコンもディスクシステムやってましたから。

まあ、まあ。

先日高2になる息子があまり本を読まないという話になり、お父さんは高1から小説を読みだした話をしたら驚かれたのを思い出しました。

「お父さん、本読んでるんだ。」と言われましたよ。

けしからんですな。

お父さんの背中は全く見られてないみたいです。

皆さんも気を付けてください。

自分が小説を読み出したきっかけが「キマイラ」シリーズという夢枕獏の作品でした。(ちなみにこの作品は30年以上たっているのに遅々として進まず現在に至っています。)

陰陽師もマンガからTV、映画へと飛躍していった気がします。

全部ではないのですが、かなりの作品を読みました。

個人的には空海の話しが一番面白かったですので、いつか映像化しないかなと待ち望んでおります。

後は映画に「いつ行けるか」ですな。

クライミング3月-②

雨がよく降りますね。

マスターズ1000インディアンウェルズの大会は錦織選手が2回戦突破!

トップとの対決まで行けるように頑張ってほしいです。

女子では注目していた大坂なおみ選手が予選の決勝で敗退してしまい、その代わりではないですけど奈良くるみ選手が1回戦でVウィリアムズを破るものの2回戦で敗退してしまいました。

うーん、残念です。

🍥

先日クライミングに行ってきました。

リードクライミングで長い間目標にしていたT-WALL黄色の5.10aというルートをノーミスで登る事が出来ました!

これは嬉しいです!
image1 (17)
image2 (8)
(写真二枚で一つのルートになると思ってください)

足を確実に見ること、手順を考えることを繰り返した結果ゴールがやってきた感じがします。

自分はノートを付けているのですが、初めてこの課題に取り掛かったのが去年の9月からでした。

こう振り返ると一つの課題に半年もかけたのかと感心したり、情けなかったり。複雑な思いがあります。

まあ、毎回挑戦していたわけではないし、いろんなところで登っていたのもあり、たまに行くっていう感じで明確に目標にしていたわけではなかったのですが、

この黄色の5.10aは何度落ちてもゴールにはたどり着けないというところから始めて、

3回ミスしてなんとかゴールに、

この辺から「いつかは」という気持ちになってきて、

2回ミス、1回ミスと減らしてきてのノーミスクリアですので、嬉しかったですね。

なかなか上達が見えなくなってきたところでの結果を出せました。

いつも落ちる場面で落ち着いて考えられたのが良かったと思います。

クライミングでは「いつかは」と思っていた外岩も経験して、充実していますね。

これで、リードにおける5.10aの色別ホールド課題は制覇した(この言葉が使いたかった!)ことになります。

次からはトップロープを含めて色別の5.10bもしくはテープ課題の5.10a~を狙っていくことにします。

また、これから暖かくなってきたら宮下公園にもまた行きたいなと画策中です。

新しい扉~座禅

今日は天気がいいですね!

シャラポアからの重大発表があると聞いていたので、

結婚か?引退か?

と思っていたら、ドーピング検査で陽性が出たとのことでした。

正直、なあんだと思ってしまいましたが、そうも言ってられないことですね。これからどうなるのでしょうか。。。

🍥

今月の新しい扉。

「座禅」教室に行ってきました。

またもや、足立区の教養講座です。足立区恐るべし。

当日受付とのことで、予約しないで良い気楽さがありました。

始めにやり方を教わりました。座禅を組んで、息を数える。これを「数息観」というそうです。
(自分は今膝を痛めているので、中途半端にしか脚が組めませんでした。膝が治ったらちゃんとやろうと思います。)

息を吸って吐いてイチ、吸って吐いてニイと数えていきますが、

雑念が沸いてきたら、また一から数え直すようにします。

そうはいっても雑念が沸いてくるものは沸いてくるので、一向に進まなくなってしまったので、その雑念が沸くことはもういいやということにして、その雑念に答えていくのをやめるように心掛けました。

例えば、鼻がカユイと思って、そのままにしておけば良いのですが、つい、掻いてしまったりしたら、やり直しってな具合です。

自分は35くらい数えたところで口に唾がたまってしまって、飲み込もうとしたら咳込んでしまいました。

これはもう、やり直しです。

60位数えたところで、先生のうちの一人が立ち上がって、例のぶつ奴(名前忘れました)の時間になりました。

もう自分がぶたれるんじゃないかとドキドキしてしまい、座禅どころではありません。

「こっち来るな、こっち来るな」とお願いしていました。

でもそれを気づかれまいと必死に動揺を隠していました。

自分の前に来た時に、その人はこちらを向いて背筋を伸ばすように指摘されました。

自分は直しながらも、「やっちまった」と思いました。

もうぶたれても仕方がないと合掌しましたが、そのまま過ぎ去ってしまうではないですか?

合掌したらぶたれると言っていたんじゃなかったっけか?

「いいの?ぶたないの?」とホッと胸をなでおろす自分がいました。

結果、全員が姿勢などを注意されていましたが、皆ぶたれずに終わっていて、何だかホッとすると同時に「つまんねえな」って思うんだからおかしなもんです。

いっそのこと自分からやってもらおうかとも思ったのですが、

その間、全く集中してないことに気が付きまして、集中して数を数えようと思い返しました。

ぶたれるのが嫌なだけなんです。

その後もちょっと眠くなってきたり、背筋が曲がってきたり、唾がたまったりを繰り返していた気がします。

結局100を数えることはできずに終わってしまいました。

30分座禅した後は5分間休憩になります。

休憩時間にトイレに行こうとしましたが、足が軽くしびれていてヨロヨロしました。

再び30分の座禅に入ったかと思ったら、途中「歩く座禅」(正式名称忘れました)をして、改めて座禅をし直しました。

前半と同じようにやって、時間が来ました。

終わった時には、集中しきれていないことからなんだか残念な気がしましたね。こんな私でも。

まあ、うちでも出来ることなので、毎日やるのもいいかもしれません。

そして、出来たら次回も参加してみて、その時は100を軽々と数えてやりますよ!

🍥🍥

ときに集中力っていうのは一つのことのみを考える力ということなんですよね。

そして余計なことは考えない。

よくよく考えてみると、

自分は「ミスすることを先回りして考え過ぎて」しまっているだけなのかもしれませんね。

やる事をやればミスをしないはずで、やる事をやらないからミスになるわけです。

集中する=考えなくていいわけではないでしょうけど、余計なことを考える必要もないわけですね。

うーん。

この道はまだまだ深いけど、少しずつは前進している気もしますね。

また頑張ろうっと!

足立区シングルス大会に参加しました。

今日は雨ですね。昨日の夜はなかなか激しく降ってました。

一雨ごとに温かくなっていく気がします。

🍥

デ杯3日目、錦織選手はマレー選手と5時間にも及ぶフルセットマッチの末敗れました。

でも、自分が錦織選手に求めているのはこれなのです。

そういう意味では、トーナメントを勝ち上がらずにマレー選手に当たれる機会を得られたのはラッキーだと思います。(チームとしてはワールドグループに残るために勝ち上がっておりますが。。。)

負けはしましたが、フルセットで戦えたのは、凄く自信になったとも思います。(マレー選手は3連戦ではありましたが。。。)

マレーに勝てることが出来れば、ジョコビッチにも限りなく近づく事だと思います。

やはり悔しい敗戦の後に勝利の達成感があるのだと思います。

🍥🍥

先日足立区のシングルス大会に出場してきました。

今年こそは1勝をと目論んでいました。

ただ、「二回戦で勝利してしまうと先日出たチャレンジシングルスには出れなくなってしまうので、どうしょう?」とか妄想を抱いたりしていました。

当日、自分はテニス協会の役員として受付も担当してましたので、エントリーに来た方をチェックしていたのですが、

自分と当たる人が来た時に、

「終わった」

と思ってしまいました。

以前テニス協会のイベントの時に一緒に打ったことがあり、すごくうまかった人だったのです。

自分は二回戦スタートでその人は一回戦スタートでした。どうせなら過去の戦績とか考慮して、自分と入れ替わればいいのにとボヤいてしまったのも事実。

予想通り、一回戦を6-0で勝ち上がってきたので自分と当たることになり、

予想通り、相手はとてもうまくて歯が立たず、一度相手のサービスゲームで40-40がありながら取れずに0-4になり、自分のサービスゲームを迎えました。
(当予選では時間短縮のためデュースがなく一本勝負になります)

そこで、このままずるずる負けてしまうならば、攻撃的にいこうと切り替えて、

サーブを入れるだけ→スピードを上げてコースを狙いました。そうすると相手がリターンミスをしてくれて、ポイントが取れました。

これが上手くいき40-0とリードしたときにはどうせなら思い切り「サーブアンドボレーに出よう」と前に出たりもしました。二回試すも、結局サーブアンドボレーではポイントが取れず40-30。

そこからはサーブアンドボレーはやめましたが、早めにネットに出てボレー合戦に持ち込み何とかポイントして、初キープしました。ここでゲームカウント1-4。

その後相手のサーブは40-40でノーアドバンテージの一本勝負のチャンスがありつつも取れず1-5。

次の自分のサービスゲームもなんとかキープして2-5としました。

こうなると相手もさすがにギアを上げてきて、サーブもさらに早くなり、攻めも大胆になり、ネットに出てからは自分の粘りの返球をなんとドライブボレーで粉砕してきました。

「ドライブボレー!お前シャラポワか!」

自分ではありえない攻撃に、最後は息の根を止められた感じでしたね。

きゅーーー。

🍥🍥🍥

負けたのは悔しいですが、なんとか粘って2度のキープができたことで、自信が付きました。

最初の2回のサービスキープをしていたらイーブンなわけで、

ブレイクは出来なかったですけど40-40にはできたわけで、

2回のノーアドバンテージのポイントを獲っていたら勝利も見えていたかもしれないのです。

もちろん相手はすべてにおいて自分よりうまいし、タラレバの長い道のりの先の話しなのですが、それでも勝利がちらっと見えたのが嬉しかったです。

あのレベルの相手にも勝つかイーブンの勝負が出来ないと自分の目標とする1勝も見えてこないということがよく分かりました。

そして疲れました。

右へ左へと振られるがままに走ってくらいついていたので肺が痛くなりました。

心肺機能を高めなければならないと思いました。

それと当初心配していた膝の痛みがほとんど感じなかったのは良かったです。その後少し痛みは出てましたが。。。なんとか膝の痛みとも付き合って行けそうです。

課題が見つかり、悔しいですが充実した一日になりました。

やはり緊張していたのか、終わってからは肩の荷が下りたというか晴れ晴れとした気分になりましたね。

これからも頑張るぞー!




新日本プロレス~後楽園ホール

デビスカップの1回戦が始まっておりまして、

日本は去年の王者英国との対戦となっております。

まずはアンディ・マレーにダニエル太郎が挑み、敗退するも、錦織選手が勝利して一勝一敗のタイになっています。

本日はダブルスで、勝っても負けても錦織選手対マレー選手が見れることになりました。

これが見たかったんです!

🍥

先日後楽園ホールに二度目の新日本プロレスを見に行きました!

2度目となると自分の好みが定着してきた気がします。

選手と技の楽しみとしては、
1.矢野 通の高速抑え込み
2.本間のこけし
3.石井のド突き合い
4。オカダのドロップキック
が特に楽しみです。

矢野に関しては、自分は昔から「抑え込み」をバカにしていたのですが、矢野の抑え込みを見てから考えが変わりました。

立派な技ですわー。むしろ高速で抑え込んでさっさと試合を決めてしまうのが見たいです。

余談ですが、一番嫌いな技が、テキサス・クローバー・ホールドです。
これはわざわざ腕を使って相手の足に4の字固めをかけるという技なのですが、ドリー・ファンクジュニアが使っていたのですが、昔何度も挑戦したものの、単純に腕の力は脚の力にかなわないのでまともにかかったことがありません。
だから、自分の中ではかからない技になっていたのです。
それが、この平成になって棚橋が使いだしてしまったのだから困りました。

しかもあろうことか、今回その技で俺の目の前で棚橋がギブアップを獲ってしまったではありませんか!!
棚橋が好きになれない理由がここにあるのかもしれません。
と言いながらテキサス・クローバー・ホールドのTシャツが出たら、買っちゃうかもしれません。

今回、自分の予想を超えたことがありました。

それは石井の不思議な技でしたね。
対内藤戦で結局は負けてしまいましたが、途中石井が内藤の攻撃をかわしてエメラルド・フロウジョンのような体制で横に落としていきました。

あれ?

「もしかしてあの技は?」とざわめきました(自分だけ)が、流れの中でさらに返されてしまったので、あまり印象的にならなかったのかもしれません。

自分がエメラルド・フロウジョンをよくわかってないのもありますが、
石井がエメラルドそのままこの技を使うわけもないので、何か新しい技にしてフィニッシュホールドを作り上げてくれることを願って止みません。

いつか石井にIWGPを獲ってもらいたいと思いつつ。

最後にすべての試合が終わって帰ろうとしたところで、

マイケル・エルガン選手のサイン会をやっているということで、売店に顔を出すと、ちょっと人気がなく、サインしているエルガンが寂しそうにしているように見えたので、思わずTシャツを買って、サインしてもらいました。

ちょっと嬉しい。

次はこのTシャツを着て応援に行こうと思います!

エルガン・ボム!

テニスの本~2月の1冊

今日から3月ですね。

今日は風が強いです。

🍥

さて、『テニスの本を毎月1冊読もう計画』も2冊目となりました。

この自分企画はなかなか良かったのが、
おかげで読み終わった後、ほかの本も読み始めたということですね。
なんか、3月にまたテニスの本を読む前に2月中に他の本も読んじゃおうかなーという気にさせてしまうようです。
やっぱり、読書は「読まなきゃ」という義務になった瞬間に進まなくなってしまうモノなのかもしれません。

ただ、おかげで読書時間が増えた代わりに、モンハンの時間が減ってしまいました。

🍥🍥

今回読んだのは「テニスはキャッチボールでうまくなる」です。

この本は自分が興味を持っていたコーディネーショントレーニングと言われるものについて書かれた本でした。

コーディネーショントレーニングとは、いわばボールと自分の距離をよくわかったり、ラケットを上手に扱うということへのトレーニングですね。

とかくフォームに固執したりしてしまうのですが、

もちろんフォームが大切なのはあるとして、型からより良いインパクトを求めるやり方もあれば、

あくまで理想的なインパクトを追求していくために他の視点も必要ではないかと考えたわけです。

まあ、ボールの扱いが上手くなることが上達につながるとした考え方に基づくトレーニングですね。

錦織選手が試合中にみせる、また抜きショットや、エキシビジョンの試合でラケットのグリップで返球したり、魅せるテニスをするときに出て来たります。

「あんなこと出来ないよ?!」

と感心ばかりしていましたが、逆転の発想で、ああいうことができるから、いい球が打てると言えるわけですね。

そして、その基礎となるのがキャッチボールなわけです。

キャッチボールは相手の取りやすいところに投げて、同様に捕るわけです。

慣れない小さい子とやったりすると、あっちこっちに走らされたりするわけですが、やってるうちに走らなくて済んだり、距離を長くとる事が出来たりしますよね。

そういうことがテニスにも当てはまるというわけです。

なるほど!

まあ試合となると、あえて相手のいないところや苦手なところにキャッチボールするようになるわけですね。

🍥🍥🍥

以前テニスショップのウィンザーのサイトの中の動画で、ボール遊びがありました。
その時はちょっとバカにしていたのですが、あれがコーディネーショントレーニングだったのかと気が付いて、実際やってみると、簡単そうでできないのです。
ちょっとがっくりしました。

背面キャッチなんてのもあり、やっぱりできません。

それでも、遊びですから気楽に構えてやってるうちに背面キャッチが出来るようになるではありませんか?!

不思議です。

見てなくてもボールが捕れてしまうのです。

一つの成果ですし、人間の脳と身体の力というのを思い知らされます。

うーん、感動しました。

こういうことを繰り返すことで、まだまだ自分は強くなれるのかもしれません。

粘り強く続けていけたらと思います。

今回は、今までのテニスに対する視点を変えるエポックメイキングになった気がしますが、さて、次はどんな本を読もうかな。。。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア