FC2ブログ

いい結果が出ました。パート2

今日は雨が降ったり止んだりと、変な天気ですね。

外で仕事するには嫌な天気です。

🍥

平成最後のゴルフに行ってきました。

ジャジャーン!

51,48トータル99です!

去年8月以来の100切りとなり、久しぶりでした。

ここ最近取り組んでいるのが、スイングにおけるかかと体重からの左足の壁です。

自分はテニスの要領もあり、つま先に体重をかけていたために腰の回転を利用しやすくしてしまっていました。

それがスライスを生み出す原因となっていたということに気が付いたので

大きな転換点だったと思います。

きっかけは、ゴルフを一緒に回った人が、いわゆる「明治の大砲」の打ち方をする人で、かかとを支点に身体を回すのですが、それでもスライスにならないのを見て、自分と比べて、閃いたのでした。

自分もかかと体重にして打ってみようと、そうしたらボールが真直ぐに飛んだのでした。

これは目からウロコでしたね。感動しました。

そこから、上手く行ったり行かなかったりする中で、左足の壁をどうやったらうまく作れるかということに注力すると、

あまり力まずにかかと体重から壁を作るという流れに落ち着きました。

(言語化が下手くそで全く伝わってないと思います。。。すいません)

とにかく、ボールがスライスしなくなるということはゴルフをやるうえで、とても重要なことであり、ゴルフが楽しくなるのです。

これからも100切りを狙っていきたいと思います!
スポンサーサイト



暫定

錦織がワシントンの大会で、シャポバロフとの2回戦を制しました。

今大会が楽しみですぞ!

🍥

とうとうこんな日が来ました。

91です。

ゴルフスコアです。

46,45トータル91です。

嬉しいですねえ。

ひしひしと湧き上がる嬉しさの余韻に浸っています。

ただし、

ただし、

暫定なのです。

何故かというと、

フロントからまわったのでしたー。

レギュラーだとばっかり思っていたのですが、これには後になって気が付きました。

おかだいらゴルフリンクスというコースで、お客様と一緒に来るコースなのですが、

このコースに来るとスコアがイイんだよなあ、俺に合ってるんだなあ、なんて思っていたのですが、

なんてこたあない、距離が短かったんですね。

とほほ。

腰痛になって得たものの中で一番大きいのが、ゴルフスコアですね。

終わるころには、また腰が重くなっていましたが。。。

曲がらないティーショットはとても気持ちいいものです。

次の課題はコントロールです。
たとえラフに行っても、もう一度フェアウェイに戻すコントロールが欲しいです。

まあ、フロントとはいえ、スコアはスコアなので、(暫定)ベストスコアとしましょう。

これで、(暫定ですが)初の連続100切りも達成しました。

最近は何をやっても、こういう風に結果を出すことがなかったので、嬉しいですね。

次のコースが楽しみです!

ゴルフがますます好きになっちゃいそうですね。

言いたいことがたくさんあるんです。


全仏オープン。

錦織は4回戦で敗退してしまいました。

悔しいけどティームの調子の良さがでたし、劣勢になっても攻撃の手を緩めず、攻め続けたのは立派です。

応援する方としてはとにかく残念ですね。

🍥

腰痛対策について、

ダチョウ倶楽部リーダーの書いた腰痛の本をAmazonで見かけて、「20年来の腰痛が治った」という文句に勢いで購入しました。

読んでみると、

凄く簡単な体操を3時間ごとに繰り返すことで、快方に向かうとのことでした。

少しバカにしながらも自分もやってみると、確かにいい感じがします。(すぐ治るというモノではありません)

これなら続けられそうです。

ということで、「腰痛体操が仲間に加わった!」

この体操は筋肉を伸ばすものというよりは、「関節を動かす」ものだそうで、確かにこれまでとは違う視点になるのだなと感心しました。

単純であり、今自分が考えている事に近い(負担なくバランスを整わせること)ので、これからが楽しみです。

🍥

先日(腰痛にもかかわらず)ゴルフに行きました。

まあ、言い訳ですけど、整形外科の先生にも運動はやった方が良いと言われていますので。。。

スイング自体は力まないようにして、出来るだけカートを乗るように心掛けて、何とか回ることが出来ました。

その結果。。。

46、52トータル98!

フォオオオオオ!
前回100を切ったのは2016年にまでさかのぼらなければなりません。

なぜでしょう?

特にドライバーは力まないスイングに、インパクトで顔を残すことだけ気を付けました。

するとどうでしょう。ボールが曲がらないのです。前半は初めの日とホールがスライスして林に入ったの以外は一度も曲がりませんでした。

後半は何本か曲がったっけど。
やはり、46とか出してしまうと欲が出るね。

パットが34と平均2パット以下になりました。

調子は悪いのに結果がイイとはこれいかに?

おかげで楽しいゴルフになりました。

今回は軽く打つのをメインに考えていたので、番手を下げたりして、たまたま下から攻めるのが出来ていたんだと思うので、

次は戦略的に下から攻めるのを試してみたいと思います。

ゴルフそしてメンタルのドライバー

先日、今年初めてのゴルフに行ってきました。

そこで、花粉症が大フィーバーしましたよ。

まだ前半は良かったのですが、後半になって鼻水が止まらなくなってきて、

終わってからは、くしゃみが止まらなくなりました。

薬が効いて、落ち着いていると忘れてしまいますが、本気の奴はやっぱり恐ろしいです。

これからも油断せず花粉症と付き合うとしましょう。

🍥

さて、スコアは相変わらずの58,54トータル112です。

練習しないでこれなら良しとしようかな。

ボールを4個なくしました。OB×2と、池×2ですな。そのほか隣のコースに行っての1ペナも何回かやりましたよ。

まあ、その中でもパターは33となかなかでした。

分かったのは登りにミスが多いってことですね。どうも苦手みたいですね。

次は登りの時に慎重になりたいと思います。

🍥

それから、テニスの試合で緊張する対策として、私が編み出したメンタル術として、「車の運転してる気持」になってゴルフをするというのを試してみました。

これは、なにかっていうと、

緊張するメカニズムとして、勝敗やスコアなどの結果を気にしてしまうのがそもそもの緊張の原因と考えたときに、

まるで車の運転をしているときに外で起きることと、中で行うことのように分けることが出来るのではないかと考えたわけです。

外で起きることとしては、

・信号が変わる
・自転車が飛び出してくる
・雨が降る

など、自分以外のもので、目や耳に入ってくる情報です。

中で起きることは、

・アクセルを踏む
・ブレーキを踏む
・ハンドルを回す

ですね。

外で何が起ころうが、中でやることは変わりません。

もちろん、急いだりいろんなことが中でもあるんですが、車の操縦ということを考えるといたってシンプルです。

この感覚で、テニスやゴルフもできるのではないかと考えたわけです。

スコアは信号や看板のように通り過ぎていくものとしましょう。

そうすることで、スコアや結果に縛られずに、車外の出来事として捉えられないでしょうか。

テニスで言えば、もちろん相手はいますがボールをどうコントロールするかが大事で逆にスコアはあくまで結果ですから、関係ないわけです。

勝負どころは信号機や道路標識くらいに思いましょう。

ゴルフで言えば、一打一打はどれも同じく重要で、パーなのかダブルボギーなのかは単なる結果なわけです。

バーディーパットだってアクセルを踏んでブレーキで止まる感覚で打ってみましょう。

とはいえ、なかなかその域にはならないとは思いますが、

自分でも面白い考え方だなと思いました。

そして、車の運転って、

自分は免許取って30年くらい経ちますが、ほとんど毎日のようにやってることなんですよね。

これがスポーツに活かせるとしたら、

そんなに難しくなく、結構楽に活かせるんだと思いますね。

と、いうことで、このブログを読む人はとても少ないとは思いますが、免許を持っている方ならわかるのではないかと思いますので、

一度試してみてください。

まあ、自分もゴルフで今回も試した結果がこれですから、大きな変化はなかったのですが、

凄く楽しめましたよ。

失敗しても落ち込んだりしなかったです。

手が痛いのはなぜ?

先日の楽天ジャパンオープンではダブルスで日本人ペアの内山・マクラクラン勉が優勝を果たしました。

これは凄いニュースだぞ!と思いましたが、テレビではほぼ取り上げられてませんでしたね。

残念。

そんなことしてるともうテレビ見なくなっちゃうぞー!

錦織、杉田ときてダブルスで成長している選手が現れるってことは、デ杯の優勝も視野に入ってくるということなので、

来年が物凄く楽しみになってきました。

🍥

先日、クライミングとゴルフとは相性が悪いので手が痛くなる話をしましたが、

手を痛めないようにゴルフの練習をしてみました。

悲しいくらい距離が出なくなりますが、そこは切り捨てます。

そこで、分かったことがあるんです。

アイアン、UT、FWとあまり曲がらないで来て、ドライバーになった途端に見事にボールがスライスになるではありませんか。

???

これはおかしいと思い、いろいろ比べることに、

当たり前ですがシャフトの長さや、ヘッドの形状、ティーアップするかしないかなど目に見える違いはあれど、これだというポイントは見つからず、

ドライバーとその他を交互に打つことで、何が違うのかを探していくことにしました。

ドライバー→FW→ドライバー→UT→ドライバー→アイアン。。。

そこで、ドライバーを打つときだけ手が痛くなることに気が付きました。

むむ?

手が痛くなる原因としては当たってない?ってことと、力んでる?て事の二つに落ち着きました。

(まあ両方なんですが、)

どおやらここに原因が隠れていたみたいです。

厳密に言うと原因はものすごくアピールしていたにもかかわらず、私の方が分かってあげられなかったというのは実状ですね。

受信側に問題があった。

世の中こういうことはとても多いのでしょう。

どおやら、私は特にドライバーを打つ時に手に力を入れてしまっているようでした。

心のどこかで「当たらない」という気持ちを強く持っているのでしょうね。

空振りすることが怖かったのでしょう。

とても分かります。

手を脱力して打ってみると、スライスしても少しでした。

これだ!

そのかわり、ダフって引掛ける現象がちょくちょく出てくるようになりました。

まあ、これから繰り返して身につけていくようにしましょう。

これはテニスにも同じことが言えると思いました。

スマッシュをミスしたときなど、原因が分かりにくかったのですが、空振りしないように緊張していたのは事実です。

勇気をもって脱力するのです。

不思議ですね。

本来勇気は力む感じがするのですが、

脱力することで、ミスする恐怖を越えるために勇気を使うのです。

そして良いスイングで打つのです。

深いな。

たぶんこの勇気の集合体がメンタルで言うところの「挑戦する気持ち」なんだろうと思いました。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア