錦織選手一回戦突破!~テンペスト

いやあ、やりましたね。
錦織選手全豪オープン一回戦突破です!

アルマグロが相手だったので、ひやひやしていました。
なぜかというとアルマグロも自分が好きな選手の一人ですから。

ネットで、錦織サーブの第1ゲームを知らされてから気が気ではなかったのですが、

終わってみればストレート。

少しみましたが、フットワークが別物でしたね。
アルマグロも決して弱い選手ではないのですが、錦織の強さは本物です!

こりゃ決勝行くかもな。

今後当たる他の選手を見て分析したいと思います!

毎日が楽しみだ―!





馬医に引き続きDVDで「テンペスト」を見始めました。
こちらは日本の作品で、仲間由紀恵が主役を務めます。

全豪オープンが始まるまでに見終えたかったのですが、出来ませんでした。
これからどうやって時間を作るかが課題ですね。

それにしても作りが韓国ドラマですね。

ただ、惜しむらくは10回で終わってしまうので、ストーリーが急展開過ぎることですね。

良かったのは「ちゅらさん」にもでていた”オバア”がやはり”オバア”として出ていて、

多くの魅力をかっさらって行っています。

凄い存在感だよなあ。

あんな人になりたい。

作品の舞台が変わってもオバアはオバアなんだよなあ。
スポンサーサイト

馬医

一月も半ばが過ぎました。今日は風が強いですね!





年末年始にDVDで韓流ドラマの『馬医』を見てました。

いやあ面白かったです!

以前ハマった「チャングム」の後の時代の物語であり、また同じ医療にかかわる話なので時代の移り変わりを見て取れました。
「チャングム」のときには禁止されていたこととかが平気になっていたり。

また、出演者が「チャングム」に出ていた人が多くて、知っている人が出るたびに大騒ぎしてしまいました。

毎回毎回ドキドキさせる演出はさすがです。

一話見終っても、また次がすぐ見たくなってしまいます。

でも、終わりが近づくにつれて寂しくもなりました。

終わってしまったときもなんか悪態が付きたくなってしまう自分が居ました。

まあ、この作品を見ることで笑ったり泣いたりだけではなくていろんな感情になれたのが一番よかったのかもしれません。

自分は今から医者にはなれませんが、

子供の時に見ていたら自分の人生が変わっていたかもしれません。

なんちゃって。

『牙狼』シリーズ制覇

8月も3分の2が過ぎてしまいましたね。

この暑さが和らぐのはいつなのでしょうか?

日焼けのせいで肩から背中の皮がムケ始めてまいりました。

我ながら気持ち悪いというか、Tシャツの袖から皮のかけらがひらひら落ちてきたりして、いとおかし。

☆彡
☆彡
☆ミ

お盆休みの間に『牙狼』のシリーズ制覇をしてしまいました。

もともと見ていたTVシリーズ『牙狼』に加えて、

『白夜の魔獣 前・後編』
『キバ』
映画『レッド・レクイエム』
TV第2弾『MAKAISENKI』

DVD12枚分を一気に見てしまいました。

残すところは映画『蒼哭の魔竜』だけなのですが、こちらはこれからDVDが発売されるとのことでまだ見れません。

通してみて驚いたのは、

すべての作品がつながっていることでした。これには驚きました。

そして、随所に張られた伏線が見事に絡み合っていて、

個人的には「スター・ウォーズ」以来の感動を呼び起こしました。

会心の伏線とも言えます。

以前、牙狼について「カッコイイ」発言をしましたが、

さらに魔戒法師という職業(?)がパワーアップしてさらにカッコヨサを倍増させているようでした。

できれば、特撮ヒーローものという考えは捨てていただき、
大金を投じたアクション娯楽作品という形で、もっと多くの人に一度は見てもらいたいと思う次第です。

あくまでマニアックな世界の住人だと思っていた雨宮慶太監督のもつイメージがここまで大輪の花をつけるようになるとは予想をはるかに超えていましたね。
もともとは学生の頃、友達とレンタルビデオ店で借りた『未来忍者』という作品からの縁だったのですが、不思議なものです。

経済的な面でいうとやはりパチンコでのブレイクが大きいのでしょうか?認知度が上がるというのは凄いことですね。

また、現在放送中の『牙狼~闇を照らすもの』は別の作品のように見えるのですが、こちらも元のシリーズからの伏線もあるのでしょうか?
気になるところです。

また10月からは新たに手がけた作品が放映されるとのことで、
こちらもどのようになっていくのか、とても楽しみです!

『未来忍者』『ゼイラム 1,2』と過去の作品もまた見たくなってしまいました!

牙狼

暑い日が続きますね。
先日の雷雨ではうちの電話が使えなくなったり、お客様のマンションで水が出なくなったりと、少なからず被害を感じました。

雷で被害が出るというのも、怖いもので、色々知っておかなくてはならないと感じました。

☆ミ
☆彡
☆彡

やはり「牙狼」DVDボックスを買ってしまいました。

面白かったですねえ!

2005年に放映されたとのことなのですが、8年間もほったらかしてしまったことが情けないです。

とはいえ、やっぱり牙狼は格好イイ!!!

ストーリーも悪くはないのですが、もう牙狼が格好良すぎますね。出てきただけで、食いついて見ちゃいます。

まず、金の質感ですね。ゴールド。

そして、鬼瓦のような、風神雷神を思わせるような風貌で、すごく迫力があります。それだけでも拝みたくなってしまうような力がありますね。
今までのヒーローのなかに、こんなのはなかったですね。

さらにザルバ。指輪の相棒なのですが、声もいいのですが、シルバーアクセサリーとしてもカッコよすぎです。

それらがVFXやCGを含めて今まで以上のアクションを見せてくれるので、よい作品に仕上がっていると思います。

自分の思っている「格好よさ」の要素がかなり盛り込まれているわけです。

特撮ヒーローものの細かいストーリーや矛盾点なんてどうでもよくなってしまいます。

すでに『牙狼』も映画や第2期、第3期とプロジェクトが進んでいますので、
じょじょに攻略していこうと思います。

また「機械忍者」が観たくなっちゃったなあ。

マイノリティ・レポート

以前ブログに書きましたが、
『マイノリティ・レポート』DVD買って観ました。

まず、トム・クルーズしか目に入ってなかったのですが、
脇役に、『トータル・リコール』にも出ていたコリン・ファレルが出ていたのに、
妙なつながりを感じて、
驚きました。こっちが先なんですよね。

作品はやはりというか、
もともとが短編の作品に対する、脚本の展開力は本当に素晴らしいですね。

それから、細かいところの設定というか、
未来の道具というか、
世界観にあった設定に、

ハリウッドって凄いな。

と感心してしまいました。

とはいえ、やっぱり凄いのは、
フィリップ・K・ディックの原作ですね。

「犯罪予知」というキーワードを広げられるだけ広げたような、
アイディアは凄いとしか言いようがありません。

そのワンアイディアなのですが、それでいて、何かストーリー以外の可能性というかドキドキわくわくを感じさせる原作にしかないパワーを感じました。

他にも映画化された原作があるらしいので、
そっちも掘り下げてみたいと思いました。

私は、
これから、ハリウッドが、ドラえもんとか星新一とか、
日本のコンテンツを展開させて凄い作品が世に出回ることになることを予言します。

できれば、アメリカに先んじて日本人が作品化に挑戦するようになってほしいと思います。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア