it a crazy little thing called 反力

ゴルフの松山凄かったですね!

全米2位、世界ランク2位。

7月はウィンブルドンと全英(?詳しくなくてすいません)が被るのでしょうか。錦織と松山で日本人ダブル優勝なんてなったら素敵ですねー。

🍥

大発見をしました!

自分史上最大の発見だと思います。

そいつの名前は「反力」です。

自分がいくつかのスポーツをする中で、共通して上手く行くことを妨げる奴の正体なんです。

徐々に説明していきますね。

まず、「反力」を意識するようになったきっかけは、自転車なんです。

自転車のペダルを早く漕ぐということをケイデンス(回転数)を上げるなんて言いますが、

1分間に120回転を越えたあたりで、身体がボヨンボヨンと上下する現象が起きてしまうのです。

これがよく分かっていなかったのですが、ペダリングを「踏む」感覚から「回す」感覚に変えることで、この上下動を沈ませることができるようになりました。

そういうもんなんだと気にもしなかったのですが、

「チャリダー」というNHKBSの番組で、「それは反力である」と言っているのを聞いてから、

自分の中で何かが繋がっていく感覚を覚えました。

つまり、踏むことで下に向かった力の反力が返ってくることで、上体が上下動してしまうとのことなのでした。

反力のことは勉強として分かっていないながらも、自分の生活においては全く意識したことがありませんでした。

今年に入ってブログでも何度か書いていると思いますが、

今思えば惜しかったと思うのですが、自分の中で「脱力」というキーワードを各種スポーツに当てはめていきました。

テニスでいうと、脱力をしてスイングを最後まで振り抜くことで、回転がしっかりかかる。

ゴルフでいうとドライバーを脱力してスイングすることでスライスが改善されたりしたのです。

そしてその脱力を妨げるものが、喰いしばることだったりすることに気が付いてきました。

喰いしばらないことで身体に余計な力を入れないことで、地面に下向きの力を起こさせないようにすることで、結果的には反力を生まれないようにスイングしていたのです。

ようやく反力に辿り着きました。

自分が特にテニスの試合で緊張したときにイップスになると思っていた原因は、心の問題と決めつけていたのですが、心だけではなく、つい力んでしまうが故にインパクト時の反力を吸収できないことでインパクトが上手く行かないところに原因があったのではないかという結論に達しました。

ということは、

素振りなどをするときに、反力を意識することが大事なわけです。

もちろん試合で緊張した時点でも反力について意識が少し傾くくらいがイイのではないでしょうか。

練習を積み重ねて、反力を意識するのが当たり前というところまで高めることが出来れば、

今自分が感じているいくつかの悩みが解消されるような気がしてきました。

これは明るい兆しですな。

自分にも、まだまだ伸び代がある事を感じたのでした。

スポンサーサイト

知恵の輪が解ける衝撃!

6月に入りました。

今日初めて切手を62円にしてハガキを出しました。

全仏オープン、錦織2回戦勝利でした。

途中までの快進撃から、メディカルタイムアウトを経て接戦にもつれこんでしまって、

快勝とは言いにくい内容でした。

徐々に調子が上がっていければいいとは思いますが、相手は常に金星を狙っているのでゆっくりしてはいられませんね。

🍥

大変なことが起きました。

なんと、何十年も前に買った知恵の輪(キャストパズル)を解く事が出来たのです!

ワ―!

自分に感動しました。

どこでこれ買ったんだっけ?と思いだしていくうちに、

「王様のアイディア」というお店を思い出しました。

凄いですね。

知恵の輪を解くことで、記憶の扉も開いていきました。何か脳みその回路が広がった気がします。

ただ、知恵の輪には裏がありまして、

最近ちょくちょく顔を出す本屋さんの店頭に、

「はずる」

という箱入りの知恵の輪が売られていて、

ずーっと気になっていたのですが、

とうとう触手を伸ばしてしまって、レベル1を買ってしまったのです。

そこには一種類しかなかったのですが、アマゾンなどで見るとたくさん種類がある事もあとで分かりました。

レベル1は優しくて、小1時間くらいで軽く解けてしまいました。

「簡単じゃん」

と思いながらも嬉しかったです!

そして、解けたときの達成感たるや凄かったです。脳で何かが間違いなく出ているのを感じましたね。

それに気を良くした私は以前買ったまま机にしまっていた前述の知恵の輪を出すもあえなく撃沈したのでした。

約1週間たって同じ本屋さんに行くと、レベル2があるではないですか!

また買ってみるとやはり錦織の試合を見ながらするっと解く事が出来ました。

気をよくして件の知恵の輪に挑戦すると、

アラ不思議!

解けてしまったではないですか?!

階段を上るようにレベルを上げることで、

自分の中の何かがレベルアップしたようです。

このようにうまく階段を上るようにステップアップすることが出来れば、どんなことでも出来るのではないかと思ってしまうほどでした。

そんなこともこれから考えていきたいなと思いつつ。

本日はこれまでとしたいと思います。

脱力~食いしばらないことから始めよう

マドリードの大会は錦織がジョコビッチ戦を前にして棄権してしまいました。

残念です。

ランキングも9位にまで後退することになり、

良いシードで全仏オープンに臨むのが出来なくなりそうですね。

🍥

歯医者に通いだしました。

そこで教わったのですが、

自分が歯ぎしりしているということでした。驚きです。

初めて言われたことですが、欠けている部分があったりすり減ったりしている自分の口の中の写真を見せられて納得しました。

これまで全く気が付きませんでしたし、家族に言われたこともありませんでした。

むしろ、寝言を言うのと酔っぱらってイビキをかくのはあったので、3重苦ですね。

あと普段から無駄に噛んでいるというか噛む力が強いと言われました。

現在自分が取り組んでいるテニスをはじめとするスポーツにおいて課題にしているのが『脱力』ですが、

まさに、「力んでいる」ことが分かったわけです。

それと、テレビで見たのですが、ストレスを感じたときに身体からアンモニアが出るらしいのです。

力みと緊張が自分にとってのキーワードになったわけです。

あまり緊張を感じず、たのしく力まずスポーツを行うことで、

パフォーマンスも上がっていきそうな気もします。

自分にとっての、スポーツでの課題と老いを含む人生の課題が一つに結ばれた瞬間でした。

🍥🍥

とりあえずの対策として、ベロを出してスポーツしてみます。

マイケルジョーダンよろしく。

去年と今年の新しい扉

全豪オープン、錦織は3回戦へ。そして、ジョコビッチが2回戦で姿を消すことになりました。

3回戦はぜひ勝ってベルディヒとフェデラーとの勝者との対戦が楽しみです。(出来ればフェデラーと戦って勝ってもらいたい!)

やっぱり第5シードは違いますね。

大坂なおみは残念でした。コンタはさすがに強かったです。
西岡も負けました。

🍥

ケガをすると一日が長いです。

考えてみたら、ケガも『新しい扉』なのかもしれません。扉を開いて今までと違う自分を探していきたいと思います。

ということで、一日一日をより充実するために去年から月に一回は新しいことをしようと始めた企画ですが、今年も新しい扉を開いていきたいと思います。

去年の印象的だった新しい扉を振り返ると、

1.【2月】外岩クライミング・・・自分にとってすごく刺激的な体験でした。今でも岩の感じとか鮮明に思い出したりすることができるのってすごいですよね。

2.【4月、5月】小説制作・・・これは2カ月くらいかけたものの、途中で断念しましたね。プロットの大切さを知りました。また今年も挑戦しようかな。

3.【8月】210キロサイクリング・・・苦い思い出となりました。今年は300キロ目指しますよ!

4.【12月】テニススクール選抜試合に出場!・・・これは確かブログに書いてないのですが、ミックスダブルスで選抜メンバーに選ばれたのでした。ところが、実力で選ばれたというより自分達より強かった人たちがことごとく出場を辞退したために、お鉢が回ってきたという運の良さによるものだったので、今年は実力でつかみ取りたいと思います!

うーん、改めてみると、いろいろありましたなあ。

当初の、一日一日を充実させるという目的はまあまあ達成できたと思います。

やはりいつも同じことをしている一日とは違ったような気がしますし、モノによっては計画・実行・感想という具合にやっておしまいということにもならなかったように思います。

ただ、改めて思うことは、本来いつも同じことをしている一日の中に、新たな発見をしていくことが出来ればそれが一番良いのではないかということです。

いや、違うな。

いつも同じことをしていても一日を長く思えることができるのが一番良いのでしょうね。

昨日とは違ういつもと同じ今日の一日と言ったところでしょうか。

矛盾してますね。

いつか、この境地に辿り着けるようになりたいと思います。

とりあえず、今年も最低12枚の新しい扉は開いてみることにしましょう!

はじめてのMX4D!

映画「ローグ・ワン」を見てきました。

ところが、ただ、映画を見ただけではないのです!

MX4Dで見てきました!

フーン!(鼻息の音)

西新井にこんなものが出来るとは?!驚きです。

なかなか凄い体験になりました。

戦いのシーンで座席が動いたり、耳の辺りに銃で撃たれた風とか感じたりするんです。

そのほか臭いが出たり、五感で楽しむことが出来ました。

今回の作品はMX4Dに持って来いの出来だったのではないでしょうか。

ただし、途中からは慣れてしまった自分がいましたね。

そういう意味で人間の適応能力は素晴らしいですね。

内容としてはエピソード4の10分前までにつながる話ということで、

終わると、エピソード4がみたくなります。

ですから、あの冒頭に出てくる宇宙船が出てきた瞬間が自分の中でつながる瞬間だったので、凄く感動しましたね~。

ストーリーで感動するのではないところが自分らしいというか。。。

こうしてスター・ウォーズがたくさん見れる時代が来るとは思っていなかったので、

まずはディズニーに感謝したいと思います。

厳密にはジョージ・ルーカスのスター・ウォーズかどうかは別ですけど。

確かに、自分が大金持ちで、ジョージ・ルーカスにスター・ウォーズを作らせることができるのであれば、彼にどれだけやる気を出させるかとかが重要になるわけで、もうお金で片が付かない世界になりそうです。
ならばジョージ・ルーカスでないスター・ウォーズをつくるという選択肢ならば、お金の限度が見つかるってことに気が付くことが凄いことかなとも思いました。

後、みたい映画で残っているのは「ファンタスティックビースト」でしたね。

MX4Dじゃなくてもイイかな。。。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア