5月文楽、久しぶりの巻

5月も終わりが近づいてきましたね。

全仏オープンが開幕しました。

日本勢はまず、ダニエル太郎と奈良くるみが一勝を上げました!

嬉しいですね。

そして杉田は挽回したところで日没延期とのこと。残念ですが、気持を整えてもらいたいですね!

そして、錦織は。。。一回戦をいつやるのか情報が入ってこないので、参ってます。

今年の全仏は熱くなりそうですね!

🍥

先日、久しぶりに文楽に行ってきました。

個人的に色々あり、二公演を逃しましたので、去年の9月ぶりと言ったところでしょうか。

今回のお話は、加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)という、忠臣蔵のような話でした。

かたき討ちなどが文楽らしい作品で、久しぶりの文楽を満喫させていただきました。

今回は、劇場の真ん中後方と広く舞台を見渡せる席でしたので、

細かくは見れませんが、視点を変えることで人形の動きと、義太夫、三味線と三者を見ることができました。

一つ一つが素晴らしい職人技を見て、味わうことが出来たのが良かったですねえ。

次は9月で、行けるかどうかは分かりませんが、努力したいと思います。

それにしても文楽の評論が貧弱ですねえ。

ブログにするのもちょっと恥ずかしいです。我ながら、もう少し文楽の魅力が伝えられるようになりたいもんですなあ。
スポンサーサイト

9月文楽2016

全米オープン、錦織は2回戦で若手の怒涛の攻撃に苦しめられ、3回戦ではベテランの戦略に苦しめられ、グランドスラムは簡単じゃないですね。
それでも、しっかりと勝ち上がっている。

強いです。特に、どんなポイントでも脱力が出来ている感じがします。一見調子悪いと思ってしまうのですが、そんなことないんです。
相手はさらにコースが読みにくくなっているのではないかと思います。

あえて言えば、ファーストサーブの確率さえ上がれば、もうトップ4とも互角にやり合えると思います!

そして4回戦はカルロビッチになりましたね。
以前は苦手としていたカルロビッチですが、このところ負けてなかったような気がします。
ただ、カルロビッチの調子が良いのも事実。油断のできない展開になるでしょう。

また、背が小さくても世界で戦えるお手本を発信してもらいたいと思います。

大坂なおみは大逆転されての3回戦敗退で残念でした。
この後日本に来るようなので、注目したいと思います!

🍥

9月文楽行ってきました。

「一谷フタバ軍記」(フタバという漢字が出ません)

源 義経と熊谷直実の話しと言っては簡単すぎるのですが。。。

国立劇場が50周年とのことで、通し狂言といって、午前の部と午後の部で一つの演目をやってしまおうという企画のようです。

自分は午前のみの観劇にしたのですが、終わってみるとむくむくと、午後の部も行きたくなるもんですね。

チャンスがあれば。。。

今回登場する熊谷直実は熊谷駅にある銅像で、2年前ロードバイクで行ったときに見かけました。

(こんなことにもつながっていくんだ。
たしかあの時は自分が思っていた人物と違ったんだよなあ。誰と勘違いしたのか、記憶がぼやけてしまいました。)

さて、「一谷フタバ軍記」は面白い話でした。

ストーリーのどんでん返しやトリックを楽しむというのは、江戸時代も今も変わってないのですね。

今回の話しも十分に引き付けられました。

次回12月は忠臣蔵の通し狂言のようですね。

期待して待とうじゃないですか!

続きを読む

2月文楽に行ってきました。

錦織選手、メンフィス大会4連覇達成しました!

素晴らしいです!

土居美咲選手は準優勝に終わりました。

ただ、ここで悲しいお知らせがあります。どうやらメンフィスの録画をし忘れてしまったようです。

とほほ。

🍥

2月文楽に行ってきました。

今回の演目は「義経千本桜~渡海屋・大物浦の段、道行初音旅の段」です。

名前は有名ですので、聞いたことのある方も多いと思います。

自分は初めてだったのですが、

この渡海屋・大物浦の段の平 知盛が格好良かったですね。

最後に碇を身体に巻き付けて海に飛び込んでいく姿は、格好良さでは今まで見た中で一番だったかもしれません。

たしかにこれを歌舞伎役者が演じれば人気になるでしょうね!

よく考えると不思議なもので、格好イイのは義経じゃないんですね。

やはり日本人の美学として散り際の美というのがあると思うのですが、この段階での義経はまだ散ってないわけで、

この先に凄い格好いい場面があるんだろうなあなどと想像を掻き立てるのかもしれません。

また、道行のほうは、本当に明るくて華やかで美しかったです。

豪華絢爛な舞台は気持ちも明るくさせます。

明るい気持ちでお客を帰そうというエンターテインメントを味合わせてもらった気分です。

次の文楽は5月です。

いよいよ近松門左衛門作品と合いまみえることが出来そうです。

楽しみですね。

2015文化芸能部振り返り

寒くなってきましたね。

今週が忘年会のピークなので、風邪ひかないようにしようと思います。

皆様もお気をつけてお出かけください。

🍥
【ダイエット】
14日アイス(つい食べちゃいました)
15日ノースイーツ
16日缶コーヒー
17日ノースイーツ

🍥
【12月文楽】
先日12月文楽を見てきました。

『奥州安達ケ原』、『紅葉狩り』という演目でした。

この奥州安達ケ原という演目は、自分が初めて見た時の演目で岩手という殺人鬼おばあさんが出てきて凄く印象に残ったのですが、今回はその前の段といったところです。

ちょっと期待していたのですが、岩手は出てきませんでした。

意地悪おばあちゃんファンとしては、うーん、残念。

劇中、人形が三味線を弾くシーンがあるのですが、その動きが本当の三味線とマッチしていて、鳥肌が立ちました。

こういう瞬間があるのが、文楽の魅力の一つであると思います。

また、文楽に良くあることですが、ストーリーをはしょりすぎじゃないですか?と思うことがります。

自分が単にストーリーを追いかけているだけになってしまっていて、文楽らしい楽しみ方が出来ていないのではないかと思ってしまいます。

いつも借りているイヤホンガイドも邪道のような気もするし、でもないのも物足りない気もするし。。。

まだ文楽に慣れ切っていない私。

とはいえ家に帰ってから改めて演目の事件(史実)などを検索しながら歴史と地理の勉強もできるというのが文楽の楽しみの一つでもあります。

学校の授業でやったとしても全く覚えてないのに、こうなるとすごく興味が湧くのって不思議ですよね。

🍥
【文化芸能部振り返り】
文楽観劇の今年を振り返ると

2月文楽、

5月文楽、

(9月文楽は日程が合わずに行けなかったのです。)

そして12月文楽と今年は3回文楽に行ったんですね。

来年は4回とも行きたいものです。

そのほかの文化的なことでいいますと、今年はオペラを見ました。

息子の学校行事に合わせてお安く見に行けるとのことでしたので、乗っかりました。「トスカ」という演目でした。

子供向けではないオペラは初めてでした。

まあ、当然ですが声量ハンパねえっす。

当日のために息子の学校の生徒は背広+ネクタイで来ることになっているので、買いに行きましたよスーツ。

いやあ、ビックリしましたが、最近の子は足が長くて、細身のスーツが似合いますね!

悔しいですが、背広着たくなくなりましたね。

話しが完全に脱線しちゃいましたね。

そういえば、今年は落語に行けなかったですね。

来年はもう少し文化芸能部の活動も増やしていければと思います。

5月文楽

暑い日が続きますね!

テニス全仏オープン、
本日は錦織選手の2回戦を応援したいと思います!

日本人選手男子は錦織以外全滅してしまいました。

自分が注目していた西岡選手はベルディヒに、ダニエル太郎選手はベルダスコに敗れました。

まあ、上位選手ですから仕方ないのですが、途中善戦をしていた場面もあり、次につながったのではないかと思いました。

それにしても、ベルディヒも、ベルダスコも強かったなあ。

改めて錦織選手が戦っている環境が物凄い強い選手たちを相手にしながら勝利をしているんだなと感心しました。





先日、5月文楽に行ってきました。

今回の演目は、

祇園祭礼信仰記(秀吉が主役の時代物)と、

桂川連理柵(一般人が主役の世話物)でした。

どちらもストーリーがはっきりしていて分かり易かったです。

(まあ、とはいえイヤホンガイドがなければ、無理だと思いますが。。。)

とくに、桂川の方で、意地悪ばあさんが出てきたのが印象的でした。

自分は意地悪ばあさんが好きなんだなと、改めて発見しました。

以前初めて文楽を見に行ったときに、「奥州安達原」という演目で人殺しのおばあさんが出てきて、凄くこころに残ったのを覚えています。

それで、ここまで続いていると言っても過言ではありません。

今回の意地悪ばあさんはちょっとしか出てくれませんでしたが、それでも存在感はぴか一でした。

むう。

今度もおばあさんの活躍に期待しましょう!

プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア