「ブルージャイアント」よりJAZZをプロレスで解く。

ご無沙汰してしまいました。

今日は雪が降っています。積もらなければいいなあ。

雪かきしたくないから。

🍥

漫画「ブルー・ジャイアント」を読みました。

JAZZマンガで『岳』の作者が次に描いています。

面白い。

「自分もサックスに興味を。。。」といつもなら思うところですが、なぜか楽器には食指が動かないんですよね。

音楽は無理だと心に蓋をしているのかもしれませんね。

少し心が動いたのが初心者ながら才能ある二人にくらいつこうとする玉田のドラムでしたが。。。

ということで、今回はJAZZを聞きながら漫画を読むことにしました。

YOUTUBEでイヤホンを付けて(うちの受験生に気を使い)漫画を読みます。

・・・ピンときません。
慣れないことをしているというのもあるのでしょうが、
作中にある「熱くて、激しいJAZZ」がよく分からないというのが本音です。

(個人的にはリラックスムードのJAZZは好きなんだけど) 

知っている人に聞いてみると、

・譜面がない
・ソロがみどころ
・同じ演奏が二度と起こらない

ただ、自分が思うのがボーカルがいたりすると歌が入るからあまり即興ってわけにはいかないような気がするし、歌のあるJAZZとないJAZZで種類が違うのか?

作中のように観客がノリノリになる瞬間に会えないです。

なんか、バーで酒を飲みながらけだるそうに聞くイメージがいつまでも離れません。

ふとひらめいたのがよく言われている「スポーツは筋書きのないドラマ」とかから、

先日の全豪オープンの男子決勝は「スイングしてたなー」ってこと。

ああいうことを言うんだとしたら、

スイング?

長州力?

プロレスか!

ってことで、プロレスの試合を楽しむような観客の気持ちでJAZZを見れないかってこと。

プロレスには筋書きがあったとしてもレスリングという基礎もあり定石があり、攻防の中には約束もあるし、オリジナル技はソロのよう。

カウント2.9の応酬で観客が盛り上がっていく魅力がプロレスの試合としては理解することができるのです。

自分も理解できてるつもりなので、JAZZを理解する日も近いかもしれません。

懲りずに続けて行ければなと思います。
スポンサーサイト

「ダンジョン飯」サイコー!

今日は立冬だそうです。

本格的に寒くなってきましたね。

アンディ・マレーがテニス世界ランキングの1位になりました。

「あのジョコビッチが抜かれるなんて。。。」というのが正直な気持ちです。

今年前半までのジョコビッチの強さは揺るぎなかったとは思うのですが、確かにランキングはうそをつきませんから、マレーは全米オープンで錦織に負けてから一度も負けてないようですし。

グランドスラムにも優勝してますし、なるべくしてナンバー1になっているのです。

そうなると、「いつかは錦織も」という想いが俄然強くなりますね。

物事が変わるのは一瞬。

🍥

マンガ「ダンジョン飯」が面白いです!

ドラクエなどのRPGもそうですし、ダンジョンものゲームと言って思い出すのは「ウィザードリイ」でしょうか、クリアできなかったゲームの思い出です。

「ダンジョン」という言葉には男心をくすぐらせる何かがありますね。

一寸先は闇。

情報はナシ。

怖いけど進むしかない。

こういう状況が多くの想像力をかきたてるんですなー。

とくに昔のゲームは今ほどストーリー性もなくコツコツとレベルアップやお金を稼いだり等に励むのが、面白くもあり、面倒くさくもありました。

そんなダンジョンにおいて、体力を回復するはずの「薬草」に飽きたとか、お金がないからモンスターを食べるということで、凄く人間臭さが出て、ぐっと身近になる作品となりました。

ストーリーとしてはドラゴンに食われた妹を助けに行くという大筋がありながらも、

モンスターたちを倒しては食べ、倒しては料理して、食べていくという日常に凄く親近感を持ちました。

料理するにあたり、今まで考えもしなかった視点でモンスターを見ることにもなったり、凄く新鮮な気持ちになりました。

現在3巻まで出ていて、今自分にとって、一番新刊が待ち遠しい作品となっております。

そして、ダンジョンもののゲームがやりたくなりますね。

良い作品だ。

3月のライオン

気が付けば10月に入ってました。

楽天ジャパンオープンが開幕しましたね!

錦織は1セットを取られたものの続く第2、第3セットを危なげなくとって初戦突破!

相手のヤングは速い展開をものにしていて、ムキになる錦織に更なるスピードで応対していました。

2セット目に入って、さすがに錦織も王道のテニスというか、しっかり構えてコースを読ませないようにすることで、ヤングの動きを封じていましたね。

今日は西岡、ダニエル、杉田のデ杯三兄弟が出ますので、楽しみです!

🍥

漫画「三月のライオン」の最新12巻が出ました。
安定の面白さです。

このブログでも何度か取り上げているのですが、最新刊が出るたびに読み返しているのもあり、改めて紹介します。

今度アニメ(今週末)と実写映画化(来年)されるとのことで、こちらも楽しみですね。(機会があったら見て下さい。)

作者はなんと足立区出身で、漫画の背景などにこれは足立区なのではないかと思わせるような描写があります。

主人公の住む家も六月町といって、足立区に実在する地名だったりしますので足立区の人は嬉しいと思います。

メインの描写は築地を思わせるような下町が描かれていますが。。。

そして、将棋の棋士のお話ですので、今は将棋をやらない自分にも、これがなかなかおもしろかったりします。

まず、大きな大会となると地方で行ったりするのですが、観光として行ってみたくなったりもします。

また、将棋の内容としては、自分も子供が小学生の時に改めて勉強して、矢倉とか組めるようにはなったのですが、それまででした。もうきれいさっぱり忘れちゃったなあ。

さらに、将棋の話ばかりではなく、身近に起こる様々な問題を解決していったりもしますので、キャラクターの掘り下げが凄くて、愛着がわきます。

・将棋の世界で強くなっていくパート

・友達や仲間を含めて、学校や社会の中で大人になっていくパート

・恋愛パート

が絡み合いながら進んでいくストーリーは、正直ゆっくり進んでいくので、もどかしさもあり、歯がゆさもあります。

まあ、読みごたえがあるので、何度でも読み返しに堪えるというのもこの作品の魅力ではありますので、

興味が湧いた方はお手に取っていただければと思います。

オススメマンガ

九月も半分が過ぎてしまいました。

全米オープンは錦織が準決勝でバブリンカに敗れ、そのままバブリンカが優勝して幕を閉じました。

バブバブ。

片手バックハンド党の党員としましては嬉しい結果となりました。

それにしてもバブリンカが、グランドスラム大会の決勝に3度出て3度優勝するという大舞台での勝率の高さは素晴らしいです。

これで、バブリンカがウィンブルドンを優勝して生涯グランドスラムを達成するなんてことになったら大変な時代を迎えますね。

同時期に4人のグランドスラマーがいるなんてことは、これまでありえないことだったでしょうから。

まあ、現状の3人いるのも既にあり得ないのですが。。。

今日から国別対抗戦のデビスカップが始まっています。

日本チームも錦織が一番の年上という布陣で臨むのですが、

今回は錦織がダブルスのみ出場とのことで、なんとかウクライナに勝利してもらいたいものです。

🍥

今読んでいる漫画を紹介します。

①「黄金のラフⅡ~草太の恋」
 「黄金のラフ~草太のスタンス」の続編となります。
 前作が、個人的にすごく好きな作品だったので、続編は待ち遠しいものでしたが、気が付いたら5巻も出ていたという大失態を演じました。(現在2巻まで読みました)

 一度、続編なるものが掲載された雑誌を読んだのですが、それが全然違う感じ(内容忘れました)で騙されたと思ってしまってから時間がたってしまったのですね。
 
 草太がどこからでもバーディーを狙う姿勢に憧れを抱いてしまうんですよね。

 そんなゴルフがしてみたい。でも、出来ない。

 やればいいだけの話なんですが、うまくいかなかったときの落ち込みもひどいので、やれずにいます。

 この作品を見るとゴルフへのやる気がふつふつと沸いてきますので、楽しみです。

 とはいえ、サブタイトルの”恋”ってなんだよ!とツッコミを入れたくなるのも事実ですが。。。

②「ゴールデンカムイ」
 こちらは、マンガ大賞を受賞した作品です。
 北海道に眠る埋蔵金を探す物語です。
 はじめは人を狩るような生々しい感じが漂っていて1巻を読んでから時間を空けて2巻に進みました。(現在は7巻まで読みました)
 2巻以降はコミカルな場面も増え、それが凄くいい感じで凄惨な場面も乗り越えられるようになりました。

 こう考えるとおかしなもんで、今まで嫌だったものが、気にならなくなるんですよね。

 アイヌの文化を学びながらストーリーが展開されていく演出の妙を感じました。

 これからも続きが楽しみです。

ありがとう錦織!ありがとうナルト!

いやあ、錦織選手はATPファイナルズではベスト4でしたね。

ジョコビッチ戦での、

ファーストセットはジョコビッチが先に仕掛けてきました。錦織対策をしっかりしてきたのが伺えました。

セカンドセットはジョコビッチを振り切るように錦織が覚醒しましたね。決してフォームがきれいではなくても、無理やりハードヒットしてポイントをもぎ取って、流れを自分のものにしました。

そして迎えたファイナルセットでしたが、ジョコビッチの調子が悪いのにかかわらず、錦織の攻めが不発で負けてしまいました。

うーん。ファイナルセットは残念ですね。

ジョコビッチも試合に勝って、勝負に負けた気分だったのでしょうね。

次の対戦が楽しみです。

そして年間ランキング5位!

これは私の知る日本のテニス史上、アンジェリーナ・ジョリー史上最高の成績ですね。

さらに、年間獲得賞金が5億円を超えたとか?!

スポンサーもジャガーとか加わって驚きました。

意外にTVでの松岡の露出も高まって、波及の程を感じています。

全豪オープンはNHKでの放映も決まったようですし、テニス雑誌以外の表紙を錦織が飾るのもちらほら見かけるようになりました。

錦織選手、一年間お疲れ様でした。
そして大きな夢をありがとう!

来年の活躍に期待しましょう!





ジャンプのマンガ「ナルト」が終わりました。

まあ、イイ感じじゃあないでしょうか。

まあコミックスの方は最終巻はまだ出ていないのですが、最後は訳が分からなくなってきているというのも自分の中ではあります。

正直、写輪眼とか輪廻眼とかイマイチわからないままにしてみている自分がいます。

ということで、

思い返してみると、一番印象的だったのは、暁の角都と飛段との闘いでしょうか。

もうドキドキしながら見たのを覚えてますね。

鹿丸が地味なのにカッコよかったです!

それから、ナルトの忍法と仙術とを融合させるあたりの持って行き方も素晴らしかったと思います。

修行をして強くなるという流れがすごくいいんですよね。

その辺がとてもうまい作品だったと言えます。

今度の映画もチャンスがあれば見に行きたいと思います。

ってばよ。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア