お盆休み

皆様、お盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか?

終わってしまえば、仕事が待ってる。

☆ミ
☆ミ
☆ミ

自分のお盆休みのイベントとして、いくつかありましたが、順にお話ししていくつもりです。

まずは田舎ですね。

両親の田舎が茨城県でして、

そちらでお墓参りをしてきました。

今回は子供たちが両方とも部活の合宿で一緒には行けませんので、車中の平均年齢は高かったです。

行きは車が混んでましたね。みんなお盆休みなのでしょう。

一応予想をして京葉道路を避けたのは正解でしたが、それでも車が多かったです。

田舎の景色はあまり変わりませんが、

北浦(霞ケ浦の横にある細長い湖)が見えてくると、田舎に来たんだなあと実感がわきます。

近くにそれほど高くない山があるのですが、土砂崩れがあったみたいで大変でした。

お盆の季節は、いつもそうですが、しんみりしている気がします。

自分もお墓参りメインで来ているからかもしれません。

そしてテレビから流れてくる甲子園の音。

湖の近くだからか、風の通りが良くて暑さもそれほどではありません。

お墓ではお線香がなぜか火はつきにくいくせに、一度火が付くと今度は燃えやすく、

ブォーブォー白煙を巻き上げ燃え上がってしまい、大変なことになります。

以前はお線香を落としてしまったこともあるくらいなのですが、そんなことにも慣れてしまいました。

それも含めて、いつものことを繰り返し、帰路に着きました。

帰りは全く渋滞がなくすごく早く帰れてびっくりしました。

アンジェリーナ・ジョリー史上最速だと思われます。
スポンサーサイト

喪中の葉書にて

朝の体重75.8キロ。

くうー!
飲み会の後に中華やで、食べちゃった。





喪中の葉書をいただいて気が付いたのですが、

私がお世話になった方が亡くなっていました。

実家で仕事をするようになって、
初めてやるようになった不動産取引の取引先の会社の方で、
色々と仕事を教えていただいた方でした。

私がなんとか不動産取引において、
仕事ができるようになったのはこの人のおかげといってもよいでしょう。

かといってもなかなか恩返しをする機会もなく、

それから、不動産取引の仕事が少なくなり、
その方のいた会社もなくなり、

いまでは年賀状のやり取りが続いているだけでした。

飲みに行きたいなあと思いつつも、
なかなか行けずに、会わない時間ばかり経ってしまいました。

やっぱり会える人とは会っておいたほうがいいですね。

ウェストが。。。

昨日は足立でも雪が降ったそうで、
ぜんぜん気がつきませんでした。

私は法事があり、
礼服に着替えると、

なんと、ウェストが閉まらないのです!

今までのように、
腹を引っ込めれば閉まるとか言うような、
生易しいものではないのです!

参りました。

ならばと、
寄せてあげてなんとか、

なんとか、
ホックを締めることが出来ました。

もう苦しいの何の、

少ししたら慣れたのですが、

法事が終わって食事したときは参りました。

おなかがBの字のようになっていることもさることながら、
なんだか、下半身がしびれてくるんですね。

明らかにお腹のところで圧迫されて、
血が止まっている感じ。

帰りの車の中では、
ベルトを外し、
チャックも下げていました。

痩せよう。

心に誓いました。

ハムスター

今日から10月ですね。

クールビズ期間も終了です。

まあ、普段作業服を着ているのでJCくらいしか背広着る機会がないのですが。。。

娘の飼っているハムスターが死にました。

ペットは寿命が短いですからね。

いつかは必ず起きることなんですが。。。

前から、「死んだ生き物は触れない」

といっていた娘でしたが、

きちんと自分で持って埋葬をしてました。

大人になるってこういうことかな。

と嬉しく感じました。

自分は小さいときにえさをやり続けたりすることが出来なかったので、

うちの子もどうせ途中で飽きちゃうだろうと思っていたのですが、

最後まで世話が出来たのは立派だと思います。

いろいろ楽しい思い出をくれたハムスターに感謝します。

法事


法事に行って来ました。
仏事などにまつわることはいくつかありますが、
自分はこの時間を大事にしたいと思ってます。

何かにつけて忙しい毎日ですが、
「生」と「死」について、
落ち着いて考えられる時間はこのくらいしかないのかなと思います。

今回もお経を聞きながら、
最近のことから始まって自分が小さいときの出来事までさかのぼって、
思い出すことができました。

いろんなことを思い出すもので、驚きました。

うちの子もいい子にしてました。

それにしてもお坊さんの説法というのは良いですね。
心にしみるというか、
後になっても忘れずに心に残っているんです。

今回は、親と子というテーマでした。

故人や先祖を敬うというのは、大事なのは当然のことですが、
仮に、無理をして多くの時間をかけるというよりも、
出来る範囲の中で、密な時間を過ごすというほうがいいのだと思いました。


タッチは3分の2ほど読み終わりました。
新しい監督が出てきたとき、アー、こんな人居たよ!と懐かしくなりました。
自分の記憶の中のタッチには居なくなっていた人だったのです。

自分もそうならないように、みんなに存在をアピールしないといけませんね。
本日のブログは以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました。
プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア