手が痛いのはなぜ?

先日の楽天ジャパンオープンではダブルスで日本人ペアの内山・マクラクラン勉が優勝を果たしました。

これは凄いニュースだぞ!と思いましたが、テレビではほぼ取り上げられてませんでしたね。

残念。

そんなことしてるともうテレビ見なくなっちゃうぞー!

錦織、杉田ときてダブルスで成長している選手が現れるってことは、デ杯の優勝も視野に入ってくるということなので、

来年が物凄く楽しみになってきました。

🍥

先日、クライミングとゴルフとは相性が悪いので手が痛くなる話をしましたが、

手を痛めないようにゴルフの練習をしてみました。

悲しいくらい距離が出なくなりますが、そこは切り捨てます。

そこで、分かったことがあるんです。

アイアン、UT、FWとあまり曲がらないで来て、ドライバーになった途端に見事にボールがスライスになるではありませんか。

???

これはおかしいと思い、いろいろ比べることに、

当たり前ですがシャフトの長さや、ヘッドの形状、ティーアップするかしないかなど目に見える違いはあれど、これだというポイントは見つからず、

ドライバーとその他を交互に打つことで、何が違うのかを探していくことにしました。

ドライバー→FW→ドライバー→UT→ドライバー→アイアン。。。

そこで、ドライバーを打つときだけ手が痛くなることに気が付きました。

むむ?

手が痛くなる原因としては当たってない?ってことと、力んでる?て事の二つに落ち着きました。

(まあ両方なんですが、)

どおやらここに原因が隠れていたみたいです。

厳密に言うと原因はものすごくアピールしていたにもかかわらず、私の方が分かってあげられなかったというのは実状ですね。

受信側に問題があった。

世の中こういうことはとても多いのでしょう。

どおやら、私は特にドライバーを打つ時に手に力を入れてしまっているようでした。

心のどこかで「当たらない」という気持ちを強く持っているのでしょうね。

空振りすることが怖かったのでしょう。

とても分かります。

手を脱力して打ってみると、スライスしても少しでした。

これだ!

そのかわり、ダフって引掛ける現象がちょくちょく出てくるようになりました。

まあ、これから繰り返して身につけていくようにしましょう。

これはテニスにも同じことが言えると思いました。

スマッシュをミスしたときなど、原因が分かりにくかったのですが、空振りしないように緊張していたのは事実です。

勇気をもって脱力するのです。

不思議ですね。

本来勇気は力む感じがするのですが、

脱力することで、ミスする恐怖を越えるために勇気を使うのです。

そして良いスイングで打つのです。

深いな。

たぶんこの勇気の集合体がメンタルで言うところの「挑戦する気持ち」なんだろうと思いました。
スポンサーサイト

サプライズに満ちた一日。

今日は暑いですね。

お彼岸過ぎたのに。。。

🍥

サプライズがたくさんある一日がありました!

①足立区の男子ダブルスで、
 
 初勝利!
 内容的には泥仕合を制しただけですが、5-3で自分のサーブをブレイクされて7-6(タイブレーク7-1)で勝ちました。まあ相手のミスに助けられたのが正直なところでしたが。。。
 ちなみに相手の一人は先日ミックスダブルスで当たって負けた相手でした。
 まあ、勝利は嬉しいものですなあ。久しぶりに晴れ晴れとした気分になりました。

②ダブルスの会場で、
 
 大学時代のテニス部の1個上の先輩に会いました!
 これは超驚きましたねー。
 自分が気が付いて声をかけたのですが、自分の変わり果てた姿に初めは全く気付いてもらえませんでした。
 それにしても嬉しいですねー。
 試合に出続けてて良かったです。
 先輩のテニスは当時カッコよかったのですが、今も十分カッコよかったですよ。
 ブランクがあったと聞いたけど、それほど違和感なかった。
 ただ、結果的には2回戦負けとのことでした。しかも負けたのは自分の通うテニススクールのコーチペアで、自分の中で彼の株が上がりました。

③うちに帰ってきて、
 
 息子の連れてきた彼女に遭遇。
 むう。
 そんなんでいいのか。
 時代の変化を感じる1日になりました。
 
こんな、サプライズに満ちた一日もあるんだなあ。


体臭問題

すっかり涼しくなりましたね。

当たり前と言えば当たり前なんですが、秋ですからね。

もう10月ですし。

🍥
涼しくなったのにこの話題って、ちょっとタイミングを逸していますがお付き合いください。

ニオイ対策として、

①テレビ番組で見たのですが、「オルニチン」サプリを飲み始めました。

どうやら酸っぱいにおいの原因は血液にあるらしい。

②いわゆるコンプレッションウェアを夏でも着てテニスなどスポーツをしていたのですが、止めることにしました。
(まあ冬は着るでしょうけど)

理由は素材がニオイの原因でもあるからですね。

初期のユニクロのドライ素材の時に感じたのですが、汗かいて、それが乾いた時に異様に臭くなるんです。

今年買い替えた夏服の作業服も強烈に臭かったなあ。(これは今シーズンで終わりにするつもりです)

最近はクライミングなどで使うウールの混じった素材を試したところ、臭さを感じなかったんですよね。

ただ、テニスの時にテニスウェアを着ないというのも少し抵抗があります。

テニスらしいオシャレもあるし。

まあ、これからはそんなに汗だくになる事もないとは思いますが、何年かかろうがこの問題は解決していきたいと思います。

ここに来て調子のよいテニス

テニスが調子よくなってきました。

ここ最近では覚えがないくらい調子が良くなってきました。

長いトンネルを越えた気がします。

調子の良さを感じるポイントとして、

①サーブで打ちやすい(肩がよく回る)打点を見つけた。

②身体全体を使ってストロークを打てるようになって来た。

③これから打つボールをイメージして打つことで、頭はそれをやって、身体は勝手に打つという自動操縦状態になってきた。

③の自動操縦は信じられないかもしれませんが、あります。

いや、ありました。

まだ常にできるというわけではないのですが、学生の頃はどんなボールも返すことはできると思っていたことはありました。

ただ、ひとたび速いボールや、深いボールなど攻められてしまうと途端に身体が力んでしまって、リズムも崩れて行ってしまいます。

まだまだですね。

ただ、久しぶりに好調な自分を感じられてテニスがますます楽しくなっています。

後は試合でこの感覚を出すことですね。(あくまで練習の中での実感ですので)

まあ、自分を信じるしかないのですが。。。

細かく言うと、ダブルスにおけるファーストボレーにはまだ全く自信がないんですよね。

だけど今は練習をすればしただけ上達するような気がしてます。

イイ感じです。

なんか、これまでやってきたことが混ざり合って成果が出てきたみたいです。

これからも頑張るぞー!





遊びが身体でケンカしてる。

気が付いてしまいました。

クライミングとゴルフは相性が悪いということです。

特に左手なのですが、クライミングをやると手がとても疲れます。

それだけなら問題なく、少し休めば回復していたのですが、

ゴルフの練習を挟むと、ボールがスイートスポットに当たらないせいか、受ける衝撃が大きいのでしょう、とても痛くなります。

現象としては左手に力を入れられないくらいになります。

もちろん休めば治ってくるのですが、その間何もできませんね。

むうう。

最近はボルダリングでやる課題が難しくなり、ましてや手が痛いままでクリアできるのなんてないくらいですから、由々しき問題です。

まあ、あまり深く考えずに休むのが一番です。

ただ、右手は長年のテニスで鍛えられているんでしょうね。

あまり痛くなりませんから。

うーん、このアンバランスさがイケナイのかもしれませんね。上達の妨げとして。

ゆっくり左手を鍛えることにしましょう。

プロフィール

やけちゃん

Author:やけちゃん
FC2ブログへようこそ!
クマ経験者増殖中!しかしクマのブログではありません。

リンク
最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア